国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

治療歴のあるIIIb/IV期非小細胞肺がん患者におけるエルロチニブ+チバンチニブ対エルロチニブ単独療法。無作為化比較試験に基づくメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jun;99(25):e20596. 00005792-202006190-00035. doi: 10.1097/MD.0000000000020596.

治療歴のあるIIIb/IV期非小細胞肺がん患者におけるエルロチニブ+チバンチニブ対エルロチニブ単独療法。無作為化比較試験に基づくメタアナリシス

Erlotinib plus tivantinib versus erlotinib alone in patients with previously treated stage IIIb/IV non-small-cell lung cancer: A meta-analysis based on randomized controlled trials.

  • Huan Deng
  • Li Wang
  • Xinling Chen
  • Shujuan Zhang
  • Fengming Yi
  • Yiping Wei
  • Wenxiong Zhang
PMID: 32569187 PMCID: PMC7313549. DOI: 10.1097/MD.0000000000020596.

抄録

背景:

前治療歴のある進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者において,エルロチニブ+チバンチニブ(ET)がエルロチニブ+プラセボ(EP)よりも優れた臨床効果を得ることができるかどうかについては,いまだ議論の余地がある.我々は、両レジメンの抗がん作用と安全性を評価するためにメタアナリシスを実施した。

BACKGROUND: Whether erlotinib plus tivantinib (ET) can achieve better clinical benefits than erlotinib plus placebo (EP) among participants with previously treated advanced non-small-cell lung cancer (NSCLC) is still disputed. We conducted a meta-analysis to evaluate the anticancer efficacy and safety of both regimens.

材料と方法:

PubMed, ScienceDirect, The Cochrane Library, Scopus, Ovid MEDLINE, Embase, Web of Science, Google Scholarで関連試験を検索した。エンドポイントは主に無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)、客観的奏効率(ORR)、疾患制御率(DCR)、有害事象(AE)であった。

MATERIALS AND METHODS: We searched for pertinent trials at PubMed, ScienceDirect, The Cochrane Library, Scopus, Ovid MEDLINE, Embase, Web of Science, and Google Scholar. Endpoints mainly included progression-free survival (PFS), overall survival (OS), objective response rate (ORR), disease control rate (DCR), and adverse events (AEs).

結果:

我々は、プラチナ製剤をベースとした化学療法を含む全身性抗がん剤レジメンを以前に受けていた患者1522人を対象にしました。ETはOSを改善しなかったが(ハザード比[HR]=0.91、95%信頼区間[CI]:0.75-1.10、P"Zs_200A"="Zs_200A".35)、ET群はより良好なPFSを示した(HR"Zs_200A"="Zs_200A"0.73、95%CI:0.67-0.80)。80、P"Zs_200A"<"Zs_200A".00001)、高いORR(HR"Zs_200A"="Zs_200A"1.50、95% CI: 1.06-2.12、P"Zs_200A"="Zs_200A".02)、および優れたDCR(HR"Zs_200A"="Zs_200A"1.38、95% CI: 1.20-1.59、P"Zs_200A"<"Zs_200A".00001)であった。我々のサブアナリシスでは、間葉系から上皮系への移行因子(MET)発現が高い患者ではET群の方がOSが良好であった可能性が示唆された(HR"Zs_200A"="Zs_200A"0.76、95%CI:0.58~0.99、P"Zs_200A"="Zs_200A".04)と良好なVeriStrat(HR"Zs_200A"="Zs_200A"0.88、95%CI:0.83~0.93、P"Zs_200A"<"Zs_200A".0001)を有する患者の方がOSが良好であった。AEは特定の血液毒性を除いてはほぼ同様であった:ET群ではより多くの好中球減少症と発熱性好中球減少症が観察されたが、どちらも見逃すべきものではなかった。

RESULTS: We included 1522 patients who previously received ≥1 systemic anti-cancer regimen that included platinum-based chemotherapy. Although ET failed to improve OS (hazard ratio [HR] = 0.91, 95% confidence interval [CI]: 0.75-1.10, P = .35), the ET group had better PFS (HR = 0.73, 95% CI: 0.67-0.80, P < .00001), higher ORR (HR = 1.50, 95% CI: 1.06-2.12, P = .02), and better DCR (HR = 1.38, 95% CI: 1.20-1.59, P < .00001). Our subanalysis suggested that the ET group may have had better OS among patients with high Mesenchymal to epithelial transition factor (MET) expression (HR = 0.76, 95% CI: 0.58-0.99, P = .04) and good VeriStrat (HR = 0.88, 95% CI: 0.83-0.93, P < .0001). AEs were roughly similar except for specific hematological toxicities: more neutropenia and febrile neutropenia were observed in the ET group, both of which should not be overlooked.

結論:

ETは、特にMET発現が高く、VeriStratが良好な患者では、PFSが良好で奏効率が高いため、EPよりも優れているように思われる。ETレジメンでの血液学的毒性が大きいことは無視できない。

CONCLUSIONS: ET appears to be superior to EP due to better PFS and higher response rates, especially for patients with high MET expression and good VeriStrat. The greater hematological toxicity in the ET regimen is non-negligible.