会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

神経完全性モニター筋電図気管チューブの損傷を受けた困難な抜管術.症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jun;99(25):e20250. 00005792-202006190-00008. doi: 10.1097/MD.0000000000020250.

神経完全性モニター筋電図気管チューブの損傷を受けた困難な抜管術.症例報告

Difficult extubation of a damaged neural integrity monitor electromyogram tracheal tube: A case report.

  • HoSik Moon
  • SungJin Hong
  • ChoonHo Sung
  • JinYoung Chon
  • JuEun Kwak
  • JiYung Lee
PMID: 32569160 PMCID: PMC7310868. DOI: 10.1097/MD.0000000000020250.

抄録

序論:

神経整合性モニター筋電図(EMG)気管チューブの目的は、再発喉頭神経の損傷のリスクを減らすことである。EMGチューブの使用に伴う合併症としては、人工呼吸不全、気管損傷、抜管困難などがある。

INTRODUCTION: The purpose of a neural integrity monitor electromyogram (EMG) tracheal tube is to reduce the risk of damage to the recurrent laryngeal nerves. Complications associated with the use of EMG tube are ventilatory failure, tracheal injury, and difficult extubation.

患者の悩み:

73歳女性の甲状腺摘出術・気管部分切除術後にEMGチューブの抜管が困難な症例に遭遇した。

PATIENT CONCERNS: We encountered a case of difficult extubation of an EMG tube after thyroidectomy and partial tracheal resection in a 73-year-old woman.

ダイアグノシス:

カフは術中に断裂したが、人工呼吸回路の完全性を維持するために膨らませた状態を維持した。抜管時に声帯がカフ肩部の破れた穴を塞ぎ、その後空気が充満して抜管が困難になった。

DIAGNOSES: The cuff was torn intraoperatively; but, it was kept inflated to maintain the integrity of the ventilatory circuit. During extubation, the vocal cord blocked the torn hole on the shoulder of the cuff, which subsequently was filled with air, complicating the extubation.

介入:

ビデオ喉頭鏡の助けを借りて、適度な力でゆっくりとEMGチューブを抜管し、6.0mm内径の気管内チューブで再挿管した。

INTERVENTIONS: We extubated the EMG tube slowly with the help of videolaryngoscopy with a moderate amount of force and re-intubated with a 6.0-mm ID endotracheal tube.

結果:

再挿管中と再挿管後の気道をビデオ喉頭鏡を用いて検査した。所見は正常で、出血や裂傷は認められなかった。その後の回復と抜管はスムーズに行われた。

OUTCOMES: We examined the airway during and after re-intubation using videolaryngoscopy. The findings were normal and no bleeding or laceration was observed. The subsequent recovery and extubation occurred smoothly.

結論:

筋電図チューブに起こりうる損傷の特徴や種類を理解しておくことが重要である。抜管前に損傷の種類を把握することが困難な場合もあるため、抜管が困難な症例では、外科医と麻酔科医のコミュニケーションと緊急時の気道管理の準備が必要である。

CONCLUSIONS: Awareness of the characteristics and types of damage that can occur in an EMG tube is essential. Because it can be difficult to ascertain the type of damage before extubation, communication between the surgeon and anesthesiologist, along with the preparation for emergency airway management are necessary for cases of difficult extubation.