会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

リモートセンターオブモーション機構を用いた人工股関節置換術の設計と最適化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Technol Health Care.2020 Jun;THC192088. doi: 10.3233/THC-192088.Epub 2020-06-19.

リモートセンターオブモーション機構を用いた人工股関節置換術の設計と最適化

Design and optimization of a hip disarticulation prosthesis using the remote center of motion mechanism.

  • Xinwei Li
  • Zhipeng Deng
  • Qiaoling Meng
  • Shaoping Bai
  • Wenming Chen
  • Hongliu Yu
PMID: 32568132 DOI: 10.3233/THC-192088.

抄録

背景:

股関節置換プロテーゼ(HDP)は臨床現場では日常的に見られるものではなく、従来のプロテーゼは骨盤ソケットの前側を軸に回転していた。

BACKGROUND: Hip disarticulation prostheses (HDPs) are not routinely seen in clinical practice, and traditional hip prostheses rotate around an axis at the front side of the pelvic socket.

目的:

本研究では、切断された側の寛骨臼に回転中心を回復させる機構を提案し、従来のHDPとの比較実験を行い、その妥当性を検証した。

OBJECTIVE: This study proposes a mechanism to restore the rotation center to the acetabulum of the amputated side and uses comparative experiments with traditional HDP to verify the validity of the novel design.

方法:

本論文では、遠隔運動中心機構(RCM)に基づくHDPの二重平行四辺形設計を発表した。最適化は遺伝的アルゴリズムにより、最大積分サイズと機構の駆動力を最小化することで達成された。

METHODS: A double parallelogram design of HDP based on a remote center of motion (RCM) mechanism was presented in this paper. Optimization was achieved by a genetic algorithm with the maximal integral size and minimal driving force of the mechanism.

研究成果:

プロトタイプは最終的に最適な結果を得て開発され、股関節離断切断者による試験が行われました。試験の結果、RCM-HDPは人工股関節の可動域を78%改善した。また、人工膝の最大屈曲度は、従来のHDPよりも15%向上し、サウンドサイドに近くなりました。

RESULTS: The prototype was developed by final optimal results and tested by a hip disarticulated amputee. Testing results revealed that the RCM-HDP improved the range of motion of the hip prosthesis by 78%. The maximal flexion of the assorted prosthetic knee was closer to the sound side than a traditional HDP by 15%.

結論:

提案されたRCM-HDPは、従来の設計に比べて運動学的性能と対称性を向上させました。

CONCLUSION: The proposed RCM-HDP promoted the kinematic performance and symmetry of the hip prosthesis compared to the traditional design.