会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

学童の歯垢および歯肉炎症に対するTriticum vulgareの水性抽出物を含む経口スプレーの効果。無作為化比較試験。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Paediatr Dent.2020 Jun;21(2):110-114. doi: 10.23804/ejpd.2020.21.02.04.

学童の歯垢および歯肉炎症に対するTriticum vulgareの水性抽出物を含む経口スプレーの効果。無作為化比較試験。

The effect of an oral spray containing an aqueous extract of Triticum vulgare on dental plaque and gingival inflammation in schoolchildren: A randomized controlled trial.

  • L Bello
  • F Romano
  • C Gaido
  • P Defabianis
PMID: 32567941 DOI: 10.23804/ejpd.2020.21.02.04.

抄録

エイム:

混合歯列を有する学童の歯肉の健康を改善する可能性を検討するために,グラミナス科に属するTriticum vulgare(TV)の水性抽出物を含むスプレーを毎日の歯磨き指導と同時に使用することを検討した.

AIM: To investigate whether the daily use of a spray containing an aqueous extract of Triticum vulgare (TV), belonging to the family of Graminaceae, associated with supervised toothbrushing may improve gingival health in schoolchildren with mixed dentition.

材料と方法:

研究デザイン。無作為化、対照、単一施設、試験者盲検、並行群間比較試験。研究対象はプラーク誘発性歯肉炎を有する57人の学童で、試験群(n = 29)と対照群(n = 28)に無作為に割り付けられた。両群ともに2週間の機械的プラークコントロールプログラムに登録された。また、テスト群には、グルテンフリーのスプレー製剤であるTVスプレーを歯磨き後に1日2回使用するように指導した。プラーク指数、修正歯肉炎指数(GI)、唾液pH、唾液全体の刺激性唾液量の評価は、ベースライン時と試験製品の使用の1週間後と2週間後に行われました。

MATERIALS AND METHODS: Study design: Randomised, controlled, single-centre, examiner blind, parallel-group study. The study population included 57 schoolchildren with plaque-induced gingivitis randomly allocated to test (n = 29) and control (n = 28) group. Both groups were enrolled in a mechanical plaque control programme for a period of 2 weeks. The test group was also instructed to use a gluten free spray formulation of TV spray twice daily after toothbrushing. Evaluations of plaque index, modified gingivitis index (GI), salivary pH and whole stimulated saliva quantity took place at baseline and after 1 and 2 weeks of study product use.

結果:

副作用は観察されなかった。プラーク蓄積とGIは両群ともベースラインと比較して統計学的に有意に改善した(すべてのP値<0.005)が、唾液pHはほとんど変化しなかった。指標の減少における群間差は、試験群に有利なGIについてのみ統計的に有意であった(P = 0.013)。

RESULTS: No side effects were observed. Plaque accumulation and GI statistically significantly improved compared with baseline in both groups (all P-values < 0.005), while salivary pH remained nearly unchanged. Between-group differences in index reduction were statistically significant only for GI favouring the test group (P = 0.013).

統計情報:

反復測定ANOVAとFriedman検定が、各治療群内の量的変数に対する時間の影響を評価するために適用された。被験者群と対照群の間の差は、不対のt検定またはボンフェローニ補正を用いたMann-Whitney U-検定を用いて検定した。

STATISTICS: Repeated-measures ANOVA and the Friedman test were applied to evaluate the influence of time on quantitative variables within each treatment group. Differences between test and control groups were tested using the unpaired t test or the Mann-Whitney U-test with Bonferroni correction.

結論:

本研究では、スプレー製剤のTVが歯肉炎のコントロールに安全で効果的であることが明らかになった。したがって、学童における機械的プラークコントロールと併用した歯肉炎治療のアジュバントになる可能性がある。

CONCLUSIONS: This study found that TV in spray formulation is safe and effective in controlling gingival inflammation. Thus, it may be a potential adjuvant in the treatment of gingivitis in combination with mechanical plaque control in schoolchildren.