会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

腎結石疾患を有する小児における代謝危険因子:最新情報 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pediatr. Nephrol..2020 Jun;10.1007/s00467-020-04660-x. doi: 10.1007/s00467-020-04660-x.Epub 2020-06-20.

腎結石疾患を有する小児における代謝危険因子:最新情報

Metabolic risk factors in children with kidney stone disease: an update.

  • Francisco R Spivacow
  • Elisa E Del Valle
  • Juan A Boailchuk
  • Gaudencio Sandoval Díaz
  • Viridiana Rodríguez Ugarte
  • Zila Arreaga Álvarez
PMID: 32564280 DOI: 10.1007/s00467-020-04660-x.

抄録

背景:

小児における腎結石の有病率は過去数十年で著しく増加しており、それに伴い世界的に罹患率と医療費が増加している。診断と特異的治療には代謝リスク因子の評価が不可欠である。このレトロスペクティブ研究の目的は、17歳未満の小児の疫学的・臨床的特徴と、腎結石の代謝危険因子を明らかにすることである。

BACKGROUND: The prevalence of kidney stones in children has significantly increased in the past few decades, with concomitant increased morbidity and healthcare costs worldwide. Assessing metabolic risk factors is essential for diagnosis and specific treatment. The objective of this retrospective study is to identify the epidemiological and clinical characteristics of children under 17 years of age, as well as the metabolic risk factors of nephrolithiasis.

方法:

腎結石疾患を有する合計 300 人の小児を対象に、標準化されたプロトコールを用いていくつかの臨床検査を実施した。

METHODS: A total of 300 children with kidney stone disease were included to undergo several clinical tests using a standardized protocol.

結果:

平均年齢は11.2歳、男女比は1.15:1.0であった。生化学的異常は全症例の89.3%に認められた。尿代謝危険因子が単一のものが52.6%(n=141)に認められ、複数の危険因子が36.7%(n=106)に認められた。これらの患者のうち、特発性高カルシウム尿(単独または併用)および低尿(単独または併用)が、それぞれ47.0%および39.6%で最も頻度の高い危険因子であった。腎疝痛および/または特定不能の腹痛が最も多く(76.9%)、次いで血尿が64.4%、上部尿路結石が97.5%であった。一親等および二親等以内の家族歴が陽性であったのは、男児の64.8%、女児の61.8%であった。

RESULTS: The mean age was 11.2 years, and the male:female ratio was 1.15:1.0. Biochemical abnormalities were found in 89.3% of all cases. A single urine metabolic risk factor was present in 52.6% (n = 141) of the patients, and multiple risk factors were present in 36.7% (n = 106). Idiopathic hypercalciuria (alone or in combination) and hypocitraturia (alone or in combination) were the most frequent risk factors identified in 47.0% and 39.6% of these patients, respectively. Renal colic and/or unspecified abdominal pain were the most frequent forms of presentation (76.9%), followed by hematuria in 64.4% with 97.5% of stones located in the upper urinary tract. A positive family history in first-degree and second-degree relatives was found in 64.8% of boys and 61.8% of girls.

結論:

我々は、腎臓結石を有する小児のほとんどに特定の尿代謝危険因子が認められ、高カルシウム尿と低尿量尿が最も一般的な診断であると結論づけている。グラフィカルな抄録。

CONCLUSIONS: We conclude that specific urinary metabolic risk factors can be found in most children with kidney stones, with hypercalciuria and hypocitraturia being the most common diagnoses. Graphical abstract .