国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

穿孔性虫垂炎の合併症として報告されていない股関節の敗血症性関節炎。症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Surg Case Rep.2020;72:281-284. S2210-2612(20)30410-7. doi: 10.1016/j.ijscr.2020.05.093.Epub 2020-06-11.

穿孔性虫垂炎の合併症として報告されていない股関節の敗血症性関節炎。症例報告

Septic arthritis of the hip, an unreported complication of perforated appendicitis: A case report.

  • Mahnoor Zia
  • Nima Maghami
PMID: 32563086 PMCID: PMC7305349. DOI: 10.1016/j.ijscr.2020.05.093.

抄録

序論:

急性虫垂炎における炎症の進行は、より高い罹患率および死亡率と関連している虫垂穿孔につながる可能性があります。穿孔した虫垂炎による細菌血症は、遠位の細菌の播種をもたらし、さらなる合併症をもたらすことができる。

INTRODUCTION: Progression of inflammation in acute appendicitis can lead to appendiceal perforation, which is associated with higher morbidity and mortality. Bacteremia due to a perforated appendicitis can lead to distal bacterial seeding, resulting in further complications.

事例紹介:

32歳の健康な男性に虫垂穿孔を発症した症例を報告する。抗生物質の静脈内投与で保存的に管理され、入院6日目に退院した。盲腸切除術を予定していたが,その前に右股関節痛を発症し,可動域が低下していた.CT検査(造影)で右股関節膿瘍と骨盤リンパ節腫大を認めた。関節穿刺の結果、白血球症(84.8 k/CMM)と好中球症(89%)を伴う多血性の液体が検出された。股関節膿瘍の緊急切開とドレナージを行い、敗血症性関節炎のために抗生物質を42日間静注した。

PRESENTATION OF CASE: We present here a case of appendiceal perforation in a 32-year-old previously healthy male. Patient was conservatively managed with intravenous (IV) antibiotics and was discharged on hospitalization day-6. Prior to scheduled interval appendectomy, he developed right sided hip pain with decreased range of motion. Computed tomography (CT) scan with contrast showed right hip abscess and enlarged pelvic lymph nodes. Arthrocentesis yielded purulent fluid with leukocytosis (84.8 k/CMM) and neutrophilia (89%). Patient underwent emergent incision and drainage of the hip abscess followed with 42-days of IV antibiotics for septic arthritis.

結論:

この症例は、最初は非手術で管理されていた患者に虫垂穿孔による合併症が発生したユニークな症例である。臨床家は虫垂炎の非手術管理に伴うまれな合併症に注意すべきである。

CONCLUSION: This case presents a unique occurrence of a complication from appendiceal perforation in patients who are initially managed non-operatively. Clinicians should be mindful of rare complications associated with non-operative management of appendicitis.

Copyright © 2020 The Authors. Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.