国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

キエンベック病の治療に用いられた異なる骨切り術後の月状荷重。3次元有限要素法による解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Biomech (Bristol, Avon).2020 Jun;78:105090. S0268-0033(20)30208-4. doi: 10.1016/j.clinbiomech.2020.105090.Epub 2020-06-12.

キエンベック病の治療に用いられた異なる骨切り術後の月状荷重。3次元有限要素法による解析

Lunate loads following different osteotomies used to treat Kienböck's disease: A 3D finite element analysis.

  • Emmanuel J Camus
  • Anna Aimar
  • Luc Van Overstraeten
  • Frédéric Schuind
  • Bernardo Innocenti
PMID: 32562880 DOI: 10.1016/j.clinbiomech.2020.105090.

抄録

背景:

手首の変性が定着する前にキエンベック病を治療するための最も一般的な原則の一つは、骨切り術によって半月板を減圧することである。1935年以降、いくつかの骨切り術が提案されています。しかし、これらの骨切り術はバイオメカニクス的な仮説に基づいており、時に矛盾することがある。本研究では、橈骨横短縮術、橈骨横閉鎖術、橈骨内側閉鎖術、楔状骨切り術の減圧効果を比較し、鎌状短縮術の有無、カマンベール型橈骨楔状骨切り術の有無、尺骨頭短縮術の有無を比較した。

BACKGROUND: One of most accepted principles for treating Kienböck's disease before wrist degeneration settles in is to decompress the lunate by an osteotomy. Several osteotomies have been proposed since 1935. However, they are based on biomechanical hypotheses that are sometimes conflicting: This study compares the decompression effect of radius transverse shortening, radius lateral closing and medial closing wedge osteotomies, capitate shortening - with and without hamate shortening - and a Camembert-type radius wedge osteotomy with and without ulnar head shortening according to Sennwald.

方法:

中手骨、手根骨、前腕骨を含む有限要素を用いて3D手首モデルを作成しました。手首のすべての靭帯と三角線維軟骨複合体をシミュレーションに組み込んだ。前腕骨を固定した状態で中手骨に荷重をかけた。次に、異なる骨切りをモデルに適用した。

METHODS: We built a 3D wrist model using finite elements that included the metacarpal, carpal and forearm bones. All wrist ligaments and Triangular Fibrocartilage Complex were incorporated in the simulation. Load was applied on the metacarpals with the forearm bones fixed. We then applied the different osteotomies to the model.

結果:

手首に荷重をかけた場合、月状骨の荷重が最も緩和された骨切り術は、鎌状骨短縮術と鎌状骨短縮術を組み合わせたカマンベール骨切り術と尺骨短縮術を組み合わせたものであり、後者は月状骨の荷重が完全に緩和された唯一の骨切り術であった。

FINDINGS: When load was applied to the wrist, the osteotomies that best unloaded the lunate were the capitate shortening osteotomy combined with hamate shortening and the Camembert osteotomy combined with ulna shortening; the latter was the only osteotomy that completely unloaded the lunate.

インタープリテーション:

橈骨カマンベール骨切り術と尺骨センヴァルト短縮骨切り術の関連性は、キエンベック病において提案すべき最も効果的な方法であると考えています。

INTERPRETATION: We think the association of the radius Camembert osteotomy and ulna Sennwald's shortening osteotomy is the most effective procedure to propose in Kienböck's disease.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.