会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

脂肪が目に見えない腹部血管周囲上皮細胞腫(PEComa):16例の臨床病理学的および放射線学的解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Radiol Med.2020 Jun;10.1007/s11547-020-01241-8. doi: 10.1007/s11547-020-01241-8.Epub 2020-06-19.

脂肪が目に見えない腹部血管周囲上皮細胞腫(PEComa):16例の臨床病理学的および放射線学的解析

Abdominal perivascular epithelioid cell tumor (PEComa) without visible fat: a clinicopathologic and radiological analysis of 16 cases.

  • Jiaxi Hu
  • Wenguang Liu
  • Simin Xie
  • Mengsi Li
  • Kangtao Wang
  • Wenzheng Li
PMID: 32562157 DOI: 10.1007/s11547-020-01241-8.

抄録

目的:

脂肪が目に見えない腹部血管周囲上皮細胞腫瘍(PEComa)の臨床病理学的特徴、CT(コンピュータ断層撮影)およびMRI(磁気共鳴画像診断)所見をレトロスペクティブに検討すること。

OBJECTIVE: To retrospectively review the clinicopathological features and computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI) findings of abdominal perivascular epithelioid cell tumor without visible fat (PEComa).

材料と方法:

外科的および病理学的に確認された脂肪のない血管周囲上皮細胞腫瘍を有する16人の患者を登録した。これらの患者の臨床病理学的データと画像所見をレトロスペクティブに検討した。CTとMRIの特徴(位置、大きさ、形状、縁、密度、石灰化、嚢胞性壊死、強調パターンを含む)を分析した。

MATERIALS AND METHODS: Sixteen patients with surgically and pathologically confirmed perivascular epithelioid cell tumor without visible fat were enrolled. Their clinicopathological data and imaging findings were retrospectively reviewed. The CT and MRI features, including location, size, shape, margin, density, calcification, cystic necrosis and enhancement pattern, were analyzed.

結果:

本研究には男性4名、女性12名(年齢中央値46歳、範囲21~65歳)が参加した。16人全員が無症候性の非強化CTまたはMRIで診断され、明瞭な(n=13)、楕円形(n=10)、不均一な(n=6)または均一な密度・信号強度(n=7)の腫瘤が認められ、石灰化や出血はいずれの症例にも認められなかった。強調CT/MRIでは、顕著な増強パターン(n=14)が観察された。末梢増強は13例に認められた。フォローアップ期間中に再発が認められたのは16例中1例であった。

RESULTS: There were 4 males and 12 females (median age, 46 years; range, 21-65 years) in this study. All 16 patients were diagnostic asymptomatic unenhanced CT or MRI and revealed a well-defined (n = 13), oval (n = 10), mass with heterogeneous (n = 6) or homogeneous density/signal intensity (n = 7), calcification and hemorrhage was no found in any cases. On enhanced CT/MRI, markedly enhancement patterns (n = 14) were observed. The "peripheral enhancement" sign was observed in 13 cases. One in 16 cases recurrence was discovered during the follow-up period.

結論:

動的CT、MRI、PEComaの病理学的特徴は、非侵襲的なパターンの性能を持っており、MRIは微小な脂肪の有益な検出を提供することができます。エンハンスドイメージングでは、PEComaの特徴は、顕著なエンハンスメントパターンを持つ「周辺エンハンスメント」であることが示された。これらの特徴を知ることは、腹部PEComaと関連する緩和ケアの理解向上に貢献する可能性がある。

CONCLUSIONS: Dynamic CT, MRI and pathology of PEComa had some characteristics of non-aggressive pattern of performance, and MRI would provide beneficial detection of microscopic fat. Enhanced imaging showed PEComa is characterized by a "peripheral enhancement" with a marked enhancement pattern. Knowing these characteristics could contribute to improving the understanding abdominal PEComa and related palliative care.