会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

誘導型歯内療法:2つの異なるプランニングワークフローの精度と労力に関するin vitroでの比較研究。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Comput Dent.2020;23(2):119-128. 44802.

誘導型歯内療法:2つの異なるプランニングワークフローの精度と労力に関するin vitroでの比較研究。

Guided endodontics: a comparative in vitro study on the accuracy and effort of two different planning workflows.

  • Ralf Krug
  • Sebastian Reich
  • Thomas Connert
  • Stefan Kess
  • Sebastian Soliman
  • Marcel Reymus
  • Gabriel Krastl
PMID: 32555765

抄録

エイム:

インビトロで歯髄管閉塞(PCO)をシミュレートするためにモデル化された3Dプリントされた歯を用いて、2つの異なるソフトウェアを使用して、ガイド付き歯内アクセス(GEA)処置のデジタルワークフローの精度と労力を比較することを目的としています。

AIM: To compare the accuracy and effort of digital workflow for guided endodontic access (GEA) procedures using two different software applications in 3D-printed teeth modeled to simulate pulp canal obliteration (PCO) in vitro.

材料および方法:

PCOを模擬した32本の3Dプリント切歯を製作し、上顎と下顎のスタディアーチにそれぞれ4本ずつ装着した。コーンビームコンピュータ断層撮影(CBCT)と3次元表面スキャンをマッチングさせ、2つの異なる方法を用いて1人のオペレーターが仮想的にGEAの計画と準備を行った:1)3Dプリントされたテンプレートを使用したCoDiagnostiX(CDX、Dental Wings)と、2)サブトラクティブCAD/CAMで製造されたテンプレートを使用したSicat Endo(SE、Sicat)である。術後のCBCTデータとバーチャルプランニングデータを重ね合わせて解析した。精度は、バー先端の計画空洞と準備空洞の不一致を測定することで評価した(3空間次元、3Dベクトル、角度)。仮想的な計画努力は、コンピュータのクリック数と時間として定義された。95%信頼区間(CI)を各サンプルについて計算した。

MATERIALS AND METHODS: 32 3D-printed incisors with simulated PCO were fabricated and mounted, four each on maxillary and mandibular study arches. Cone beam computed tomography (CBCT) and 3D surface scans were matched and used to virtually plan and prepare GEA by one operator using two different methods: 1) CoDiagnostiX (CDX; Dental Wings) with 3D-printed templates, and 2) Sicat Endo (SE; Sicat) with subtractive CAD/CAM-manufactured templates. Postoperative CBCT and virtual planning data were superimposed for analysis. Accuracy was assessed by measuring the discrepancies between planned and prepared cavities at the tip of the bur (three spatial dimensions, 3D vector, angle). Virtual planning effort was defined as the time and number of computer clicks. A 95% confidence interval (CI) was computed for each sample.

結果:

SEはGEAでは16/16例(100%)、CDXでは15/16例(94%)で根管治療に成功した。SEはCDXに比べて、大陰唇口腔方向の距離(0.12mm)、3次元ベクトル(0.35mm)、角度(0.68度)の平均偏差が小さかった(それぞれ0.54mm、0.74mm、1.57度、P < 0.001)。CDXはSE(20分28秒,341クリック)に比べて,各4歯アーチの平均計画時間と労力(10分50秒,107クリック)が短かった(P < 0.05).

RESULTS: SE successfully located root canals for GEA in 16/16 cases (100%) and CDX in 15/16 cases (94%). SE resulted in less mean deviation at the tip of the bur with regard to distance in the labial-oral direction (0.12 mm), 3D vector (0.35 mm), and angle (0.68 degrees) compared with CDX (0.54 mm, 0.74 mm, 1.57 degrees, respectively; P < 0.001). CDX required less mean planning time and effort for each four-tooth arch (10 min 50 s, 107 clicks) than SE (20 min 28 s, 341 clicks; P < 0.05).

結論:

いずれの方法も、迅速なドリルパスプランニング、予測可能なGEA手順、および穿孔のないPCOを有する歯の根管の信頼性の高い位置を可能にした。

CONCLUSIONS: Both methods enabled rapid drill path planning, a predictable GEA procedure, and the reliable location of root canals in teeth with PCO without perforation.