会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

非筋浸潤性膀胱癌患者におけるバチルス・カルメッテ・グーリン後の前立腺炎の危険因子の分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sci Rep.2020 Jun;10(1):9763. 10.1038/s41598-020-66952-4. doi: 10.1038/s41598-020-66952-4.Epub 2020-06-17.

非筋浸潤性膀胱癌患者におけるバチルス・カルメッテ・グーリン後の前立腺炎の危険因子の分析

Analysis of risk factors for post-bacillus Calmette-Guerin-induced prostatitis in patients with non-muscle invasive bladder cancer.

  • Tae Jin Kim
  • Young Dong Yu
  • Sung Il Hwang
  • Hak Jong Lee
  • Sung Kyu Hong
  • Sang Eun Lee
  • Jong Jin Oh
PMID: 32555265 PMCID: PMC7300010. DOI: 10.1038/s41598-020-66952-4.

抄録

本研究の目的は、バチルス・カルメッテ・グーリン療法後の非筋浸潤性膀胱癌患者におけるバチルス・カルメッテ・グーリン誘発性前立腺炎の危険因子を評価することであった。2004 年 3 月から 2018 年 8 月までの間に、膀胱腫瘍の経尿道的切除前にマルチパラメトリック磁気共鳴画像検査を受けた非筋浸潤性膀胱癌患者と、バチルス・カルメット-グエリン療法後の患者の臨床所見を評価した。集団は、バチルス・カルメッテ・グエリン留置後3ヵ月後に実施したマルチパラメトリック磁気共鳴イメージングで新たに病変が発生した患者と発生していない患者にグループ分けした。前立腺特異抗原値が4ng/mL以上の患者または前立腺がんの患者は除外した。一変量解析および多変量解析を行い、カルメッテグリン桿菌に以前に曝露した患者における前立腺病変の予測因子を決定した。バシルス・カルメッテ・グーリン曝露後の前立腺炎は 194 例中 50 例(25.8%)に認められた。前立腺容積(33.8mL vs. 30.8mL、P=0.012)と体格指数(25.2kg/m vs. 24.1kg/m、P=0.044)を除き、群間に有意差は認められなかった。Calmette-Guerin菌曝露後、前立腺特異抗原値、国際的前立腺症状スコア、または排便後の残存量に有意差は認められなかった。多変量回帰分析の結果、体格指数(オッズ比、OR=1.115、P=0.038)および前立腺容積(OR=3.080、P=0.012)は、Calmette-Guerin菌曝露後の前立腺病変の有意な予測因子であった。肥満度指数と前立腺容積は、カルメッテグリン菌曝露後の前立腺病変の臨床的予測因子となりうる。この病変の潜在的な危険因子を認識することは、カルメットゲリン菌治療後の患者の臨床的意思決定プロセスに貢献すべきである。

The objective of this study was to evaluate risk factors for bacillus Calmette-Guerin-induced prostatitis in patients with non-muscle invasive bladder cancer following bacillus Calmette-Guerin therapy. Clinical findings from patients with non-muscle invasive bladder cancer who underwent multi-parametric magnetic resonance imaging before transurethral resection of bladder tumor and post-bacillus Calmette-Guerin therapy from March 2004 to August 2018 were evaluated. The population was grouped into patients with or without newly developed lesions on multi-parametric magnetic resonance imaging performed 3 months after bacillus Calmette-Guerin instillation. Patients with prostate-specific antigen levels ≥ 4 ng/mL or prostate cancer were excluded. Univariable and multivariable analyses were performed to determine the predictors of prostate lesions in patients with prior bacillus Calmette-Guerin exposure. Post bacillus Calmette-Guerin-induced prostatitis was found in 50 of the 194 patients (25.8%). No significant differences were observed between the groups except for prostate volumes (33.8 mL vs. 30.8 mL, P = 0.012) and body mass index (25.2 kg/m vs. 24.1 kg/m, P = 0.044). After bacillus Calmette-Guerin exposure, no significant differences in prostate-specific antigen levels, international prostate symptom scores, or post-voiding residual volume were noted. Multivariable regression analysis showed that body mass index (odds ratio, OR = 1.115, P = 0.038) and prostate volume (OR = 3.080, P = 0.012) were significant predictors of post-bacillus Calmette-Guerin prostate lesions. Body mass index and prostate volume may be clinical predictors of prostate lesions after bacillus Calmette-Guerin exposure. Awareness of potential risk factors for this entity should contribute to the clinical decision-making process for patients following bacillus Calmette-Guerin therapy.