会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

乳がんにおける高カテプシン D 発現の予後的役割:システマティックレビューおよびメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ther Adv Med Oncol.2020;12:1758835920927838. 10.1177_1758835920927838. doi: 10.1177/1758835920927838.Epub 2020-06-08.

乳がんにおける高カテプシン D 発現の予後的役割:システマティックレビューおよびメタアナリシス

Prognostic role of high cathepsin D expression in breast cancer: a systematic review and meta-analysis.

  • Junho Kang
  • Yeuni Yu
  • Seongdo Jeong
  • Hansong Lee
  • Hye Jin Heo
  • Jeong Jun Park
  • Hee Sam Na
  • Dai Sik Ko
  • Yun Hak Kim
PMID: 32550865 PMCID: PMC7281710. DOI: 10.1177/1758835920927838.

抄録

背景:

カテプシンDの高値は乳がんの予後不良と関連している;しかしながら、多くの研究の結果は議論の余地がある。ここでは、メタアナリシスを実施して、カテプシンDの高値と乳がんの予後不良との関連を評価した。

Background: High cathepsin D has been associated with poor prognosis in breast cancer; however, the results of many studies are controversial. Here, we assessed the association between high cathepsin D levels and worse breast cancer prognosis by conducting a meta-analysis.

方法:

包括的な検索戦略を用いて、2018年9月までにpubmedおよびembaseで関連文献を検索した。メタアナリシスはReview Manager 5.3で、ハザード比(HR)と95%信頼区間(CI)を用いて実施した。

Methods: A comprehensive search strategy was used to search relevant literature in PUBMED and EMBASE by September 2018. The meta-analysis was performed in Review Manager 5.3 using hazard ratios (HRs) with 95% confidence intervals (CIs).

結果:

このメタアナリシスには、対象となる26件の研究から、合計15,355人の乳がん患者が含まれた。高カテプシンDの上昇と不良な全生存期間(OS)(HR=1.61、95%CI:1.35~1.92、<0.0001)および無病生存期間(DFS)(HR=1.52、95%CI:1.31~2.18、<0.001)との間に有意な関連が観察された。DFSを対象としたサブグループ解析では、カテプシンDの高値は、リンパ節陽性患者(HR=1.38、95%CI:1.25~1.71、<0.00001)、リンパ節陰性患者(HR=1.78、95%CI:1.25~1.71、<0.00001)、リンパ節陰性患者(HR=1.78、95%CI:0.00001)で予後不良と有意に関連していた。78、95%CI:1.39-2.27、<0.0001)、早期の患者(HR=1.73、95%CI:1.34-2.23、<0.0001)、化学療法を受けた患者(HR=1.60、95%CI:1.21-2.12、<0.001)であった。興味深いことに、タモキシフェンで治療された患者は、カテプシンDレベルが高い場合には再発リスクが低く(HR=0.71、95%CI:0.52-0.98、=0.04)、カテプシンDレベルが低い場合には再発リスクが高かった(HR=1.50、95%CI:1.22-1.85、=0.0001)。

Results: A total of 15,355 breast cancer patients from 26 eligible studies were included in this meta-analysis. Significant associations between elevated high cathepsin D and poor overall survival (OS) (HR = 1.61, 95% CI: 1.35-1.92,  < 0.0001) and disease-free survival (DFS) (HR = 1.52, 95% CI: 1.31-2.18,  < 0.001) were observed. In the subgroup analysis for DFS, high cathepsin D was significantly associated with poor prognosis in node-positive patients (HR = 1.38, 95% CI: 1.25-1.71,  < 0.00001), node-negative patients (HR = 1.78, 95% CI: 1.39-2.27,  < 0.0001), early stage patients (HR = 1.73, 95% CI: 1.34-2.23,  < 0.0001), and treated with chemotherapy patients (HR = 1.60, 95% CI: 1.21-2.12,  < 0.001). Interestingly, patients treated with tamoxifen had a low risk of relapse when their cathepsin D levels were high (HR = 0.71, 95% CI: 0.52-0.98,  = 0.04) and a high risk of relapse when their cathepsin D levels were low (HR = 1.50, 95% CI: 1.22-1.85,  = 0.0001).

結論:

我々のメタ解析の結果、カテプシンDの高発現レベルは乳がんの予後不良と関連していることが示唆された。その結果、カテプシン D は乳がんの予後不良のマーカーとして、また乳がんの治療標的としても機能すると考えられた。

Conclusions: Our meta-analysis suggests that high expression levels of cathepsin D are associated with a poor prognosis in breast cancer. Based on our subgroup analysis, we believe that cathepsin D can act as a marker for poor breast cancer prognosis and also as a therapeutic target for breast cancer.

© The Author(s), 2020.