会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

トコトリエノールは関節リウマチにおける破骨細胞形成を制御する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Korean J. Intern. Med..2020 Jun;kjim.2019.372. doi: 10.3904/kjim.2019.372.Epub 2020-06-19.

トコトリエノールは関節リウマチにおける破骨細胞形成を制御する

Tocotrienol regulates osteoclastogenesis in rheumatoid arthritis.

  • Kyoung-Woon Kim
  • Bo-Mi Kim
  • Ji-Yeon Won
  • Hong Ki Min
  • Seoung Joon Lee
  • Sang-Heon Lee
  • Hae-Rim Kim
PMID: 32550719 DOI: 10.3904/kjim.2019.372.

抄録

背景・目的:

本研究では、トコトリエノールが関節リウマチ(RA)におけるインターロイキン17(IL-17)誘導性破骨細胞形成を制御しているかどうかを検討した。

Background/Aims: The present study aimed to investigate whether tocotrienol regulates interleukin 17 (IL-17)-induced osteoclastogenesis in rheumatoid arthritis (RA).

方法:

RA線維芽細胞様滑膜細胞(FLS)を用いて、トコトリエノールのIL-17誘導性受容体活性化因子核内因子カッパBリガンド(RANKL)産生に対する効果を、リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応と酵素免疫吸着法を併用して評価した。IL-17処理したRA FLSとTh17細胞をトコトリエノールと単球で培養し、破骨細胞の分化を確認した。トコトリエノールが末梢血単核球のうちTh17細胞の割合やTh17-サイトカイン量に及ぼす抑制効果をフローサイトメトリーを用いて解析した結果、トコトリエノールはTh17細胞の割合やTh17-サイトカイン量を抑制していることが明らかになった。

Methods: We evaluated the effect of tocotrienol on IL-17-induced receptor activator of nuclear factor kappa B ligand (RANKL) production using RA fibroblast-like synoviocyte (FLS), together with real-time polymerase chain reaction and enzyme-linked immunosorbent assay. Osteoclast differentiation was confirmed after culturing IL-17-treated RA FLS and Th17 cells with tocotrienol and monocytes. We analyzed the suppressive effect of tocotrienol on Th17 cells percentage or Th17-cytokine levels among peripheral blood mononuclear cells using flow cytometry.

結果:

IL-17がFLSを刺激してRANKLを産生し、トコトリエノールがこのIL-17誘発RANKL産生を減少させることを見出した。トコトリエノールは、哺乳動物のラパマイシン標的、細胞外シグナル調節キナーゼ、およびκBαの阻害剤のIL-17誘発活性化を減少させた。単球をIL-17、RANKL、IL-17処理FLSまたはTh17細胞とインキュベートすると、破骨細胞が分化し、トコトリエノールはこの破骨細胞の分化を減少させた。トコトリエノールは Th17 細胞の分化と IL-17 と sRANKL の産生を減少させたが、Treg 細胞の分化には影響を与えなかった。

Results: We found that IL-17 stimulated FLS to produce RANKL and tocotrienol decreased this IL-17-induced RANKL production. Tocotrienol decreased the IL-17-induced activation of mammalian target of rapamycin, extracellular signal-regulated kinase, and inhibitor of kappa B-alpha. When monocytes were incubated with IL-17, RANKL, IL-17-treated FLS or Th17 cells, osteoclasts were differentiated and tocotrienol decreased this osteoclast differentiation. Tocotrienol reduced Th17 cell differentiation and the production of IL-17 and sRANKL; however, tocotrienol did not affect Treg cell differentiation.

結論:

トコトリエノールは、RA FLSにおけるIL-17活性化RANKL産生とIL-17活性化破骨細胞形成を抑制した。さらに、トコトリエノールはTh17の分化を抑制した。以上のことから、トコトリエノールはRAの骨破壊過程を治療するための新たな選択肢となる可能性があると考えられた。

Conclusions: Tocotrienol inhibited IL-17- activated RANKL production in RA FLS and IL-17-activated osteoclast formation. In addition, tocotrienol reduced Th17 differentiation. Therefore, tocotrienol could be a new therapeutic choice to treat bone destructive processes in RA.