国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

極東連邦管区の地域における固定用量併用降圧薬の使用における嗜好性の分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clinicoecon Outcomes Res.2020;12:265-272. 251721. doi: 10.2147/CEOR.S251721.Epub 2020-05-27.

極東連邦管区の地域における固定用量併用降圧薬の使用における嗜好性の分析

Analysis of Preferences in the Use of Fixed-Doses Combinations Antihypertensive Drugs in the Regions of Far-Eastern Federal District.

  • Mariia Sergeevna Soboleva
  • Ekaterina Efimovna Loskutova
PMID: 32547128 PMCID: PMC7266518. DOI: 10.2147/CEOR.S251721.

抄録

背景:

血圧上昇を特徴とする疾患は、ロシア連邦の社会的に重要な疾患の中で最も頻繁に診断される病態である。ロシア動脈性高血圧学会2010-2019年の臨床勧告によると、2種類以上の成分の薬剤を使用することで、患者の治療コンプライアンスが向上するとされている。本研究の目的は、極東連邦地区(FSD)の10地域における複合降圧薬の使用における嗜好性の比較分析であった。

Background: Diseases characterized by elevated blood pressure are the most frequently diagnosed pathology among socially significant diseases in the Russian Federation. According to clinical recommendations of the Russian Medical Society for Arterial Hypertension 2010-2019, the use of two and more component drugs improves the compliance of patients to treatment. The purpose of this study was a comparative analysis of preferences in the usage of combined antihypertensive drugs in ten regions of the Far Eastern Federal District (FSD).

材料と方法:

FSDの10地域を対象に、2018年期間の薬局組織(162店舗のドラッグストア)における降圧薬販売に関するデータのグループ内分析を実施した。地域によってドラッグストアの総数が異なるため、サンプルは不揃いとなっている。サンプルはランダムであった。薬局は都市部と農村部にあった。すべての降圧薬の定義された1日量の総購入量を100%とした。そして、固定用量の組み合わせを選択した。次に、販売構造における各薬剤のシェアを計算した。地域間の薬剤獲得構造の違いを決定するために、Kruskal-Wallis規準を用いた。薬剤の獲得構造とFSD領域との相関関係の決定には、スピアマンの順位相関と因子分析を用いた。

Materials and Methods: Intra-group analysis of data on the sale of antihypertensive drugs in pharmacy organizations (162 drugstores) for the period 2018 was carried out in the 10 regions of the FSD. The sample is uneven due to the difference in total number of drugstores in the regions. The sample was random. Pharmacies were in urban and rural areas. The total purchase of all defined daily doses of all antihypertensive drugs was taken as 100%. Then, fixed-dose combinations were selected. The share of each drug in the sales structure was then calculated. Kruskal-Wallis criterion was used for determining the differences in the structure of acquisition of drugs between the regions. The Spearman's rank correlation and factor analysis were used for determining the correlation between the drug's acquisition structure and the FSD region.

結果:

二成分系薬剤の需要が最も高いのはアムール地方(15.2%)とザバイカルスキー・クライ地方(12.3%)であり、需要が最も低いのはサハリン地方(5.25%)とマガダン地方(6.5%)である。三成分医薬品の売上指標で最も多かったのはザバイカルスキー・クライ州-1.2%、ブリヤティア共和国-1.0%であった。最も獲得した組み合わせは、アテノロール+クロルタリドン、バルサルタン+アムロジピン、ロサルタン+ヒドロクロロチアジド、ペリンドプリル/リシノプリル/ラミプリル+アムロジピン、ペリンドプリル+インダパミドであった。

Results: Two-component drugs are most in demand in the Amur region - 15.2% and Zabaykalsky Krai - 12.3%, and the lowest demand in the Sakhalin region - 5.25% and Magadan region - 6.5%. The largest sales indicators of three-component drugs were observed in the Zabaykalsky Krai - 1.2% and the Republic of Buryatia - 1.0%. The most acquired combinations were atenolol+chlorthalidone, valsartan+amlodipine, losartan+hydrochlorothiazide, perindopril/lisinopril/ramipril+amlodipine, perindopril+indapamide.

結論:

地域によってグループリーダーが異なる場合があるが,これは専門医の嗜好によるものである。しかし、その差は有意ではなく、動脈性高血圧症の併用薬物療法に対するアプローチの統一性が証明された。

Conclusion: Group leaders may vary depending on the region, which is due to the preferences of medical specialists. However, the differences are not significant, which proves the unity of approaches to combined drug therapy of arterial hypertension.

© 2020 Soboleva and Loskutova.