会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

レニン-アンジオテンシン系遮断薬はラットの神経障害性疼痛の末梢と中枢の両方の成分を調節する。カルシトニン遺伝子関連ペプチド、サブスタンスP、一酸化窒素の役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Basic Clin. Pharmacol. Toxicol..2020 Jun;doi: 10.1111/bcpt.13453.Epub 2020-06-15.

レニン-アンジオテンシン系遮断薬はラットの神経障害性疼痛の末梢と中枢の両方の成分を調節する。カルシトニン遺伝子関連ペプチド、サブスタンスP、一酸化窒素の役割

Renin-Angiotensin System Blockade modulates both the peripheral and central component of neuropathic pain in rats: Role of Calcitonin gene-related peptide, substance P and nitric oxide.

  • Nora Hegazy
  • Samar Rezq
  • Ahmed Fahmy
PMID: 32542932 DOI: 10.1111/bcpt.13453.

抄録

それにもかかわらず、レニンアンジオテンシンアルドステロン系(RAAS)遮断薬は神経障害性疼痛(NP)を減衰させるが、この効果の正確な分子メカニズムは完全には解明されていない。本研究では、疼痛調節に関与するカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)、サブスタンスP(SP)、一酸化窒素(NO)の役割を、異なるRAASブロッカーを用いた神経障害性疼痛(NP)における末梢および中枢レベルで検討した。坐骨神経慢性狭窄障害(CCI、14日間)によりNPを誘発したラットに、中枢性(テルミサルタン、ラミプリル)または末梢性(ロサルタン、エナラプリル)のアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE-I)またはアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)を投与した。行動評価を行い、実験終了時に損傷した坐骨神経と脳幹からCGRP、SP、NOレベルを検出した。CCIラットでは、CGRP、SP、NOレベルの上昇とともに、自発的な疼痛反応の増加と足の変形が認められた。ARBとACE-I治療は痛みの行動を改善し、SPとNOレベルを低下させた。しかし、坐骨の CGRP は異なる介入で上昇し、脳幹の CGRP はロサルタン群でのみ上昇した。これらの知見は、RAAS ブロッカーの鎮痛効果における CGRP、SP、NO の中間的な役割を示唆している。

Nonetheless, renin angiotensin aldosterone system (RAAS) blockers attenuate neuropathic pain (NP), the exact molecular mechanisms of this effect are not completely understood. The study aimed to investigate the role of calcitonin gene-related peptide (CGRP), substance P (SP) and nitric oxide (NO), which are all involved in pain modulation, in the analgesic effect of different RAAS blockers in NP both on the peripheral and central levels. NP was induced by sciatic nerve chronic constriction injury (CCI, 14 days) in rats which were given either centrally (telmisartan and ramipril) or peripherally (losartan and enalapril) acting angiotensin converting enzyme inhibitors (ACE-I) or angiotensin receptor blockers (ARBs). Behavioural assessment was performed and CGRP, SP and NO levels were detected in the injured sciatic nerve and the brain stem at the end of experiment. CCI rats showed increased spontaneous pain response and foot deformity along with elevated CGRP, SP and NO levels. ARBs and ACE-I treatment improved pain behaviour and reduced SP and NO levels. However, sciatic CGRP was increased with different interventions and brainstem CGRP was only elevated in losartan group. These findings suggest an intermediary role of CGRP, SP and NO in RAAS blockers analgesic effect in NP.

This article is protected by copyright. All rights reserved.