国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ニコチアナ・ベンタミアナにおけるNbrgsCaMファミリー遺伝子の発現パターンとその発生・ストレス応答における潜在的な役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sci Rep.2020 Jun;10(1):9652. 10.1038/s41598-020-66670-x. doi: 10.1038/s41598-020-66670-x.Epub 2020-06-15.

ニコチアナ・ベンタミアナにおけるNbrgsCaMファミリー遺伝子の発現パターンとその発生・ストレス応答における潜在的な役割

Expression patterns of NbrgsCaM family genes in Nicotiana benthamiana and their potential roles in development and stress responses.

  • Dandan Liu
  • Qiuying Yang
PMID: 32541846 PMCID: PMC7296017. DOI: 10.1038/s41598-020-66670-x.

抄録

rgsCaMは、ニコチアナのウイルス感染によって誘導されるカルモジュリン様(CML)因子として報告されている。シロイヌナズナにはrgsCaMファミリーに属するCMLが3つ存在する。本研究では、N. benthamianaゲノム中に合計5つのNbrgsCaMコード化配列を発見した。NbrgsCaMsのプロモーターの下にβ-グルクロニダーゼ(GUS)を発現させたトランスジェニック植物におけるNbrgsCaMsの転写パターンを、組織化学染色およびRT-qPCRにより解析した。シロイヌナズナのホモログと同様に、ほとんどの NbrgsCaMs は、発生や環境の変化に応じて、重複するが明確な発現パターンを持っている。特に、NbrgsCaM4 のプロモーターは、ウイルス感染、発生段階、その他の環境刺激に対して異なる制御応答を示した。以上のことから、NbrgsCaM ファミリー遺伝子が生物的ストレスや環境刺激下での植物の生長・発育を制御していることが明らかになった。

rgsCaM has been reported as a calmodulin-like (CML) factor induced by viral infection in Nicotiana. There are three CMLs that belong to the rgsCaM family in Arabidopsis thaliana. In this study, we found a total of 5 NbrgsCaM coding sequences in N. benthamiana genome. We analyzed transcription patterns of NbrgsCaMs in transgenic plants expressing a β-glucuronidase (GUS) under the promoter of NbrgsCaMs by histochemistry staining and RT-qPCR. Similar to their Arabidopsis homologs, most NbrgsCaMs have an overlapping but distinct expression pattern in response to developmental and environmental changes. Specifically, the NbrgsCaM4 promoter exhibited robust activity and showed distinct regulatory response to viral infection, developmental stages and other abiotic stimuli. Overall, these findings provide clues for further understanding of the NbrgsCaM family genes in regulating plant growth and development under biotic stress and environmental stimulation.