会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

活性化マクロファージは、COVID-19間質性肺炎の浸潤における主な炎症細胞である。F-フルオロコリンPET/CTを用いて、彼らの代謝活性を示すことができ、したがって炎症負荷のグレードを示すことは可能でしょうか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Med. Hypotheses.2020 May;144:109885. S0306-9877(20)31123-3. doi: 10.1016/j.mehy.2020.109885.Epub 2020-05-27.

活性化マクロファージは、COVID-19間質性肺炎の浸潤における主な炎症細胞である。F-フルオロコリンPET/CTを用いて、彼らの代謝活性を示すことができ、したがって炎症負荷のグレードを示すことは可能でしょうか?

Activated macrophages are the main inflammatory cell in COVID-19 interstitial pneumonia infiltrates. Is it possible to show their metabolic activity and thus the grade of inflammatory burden with F-Fluorocholine PET/CT?

  • G Savelli
  • M Bonacina
  • A Rizzo
  • A Zaniboni
PMID: 32540605 PMCID: PMC7252431. DOI: 10.1016/j.mehy.2020.109885.

抄録

最近のCovid-19の発生は、人命の損失、経済の低迷、個人の自由への制約という点だけでなく、国民の保健システムや病院への大きな圧力という点でも、この病気の影響を受けた国々にとって大きな挑戦となっています。380kDaのウイルスは、特にイタリアのように限られた資源と高強度のリズムで活動することに慣れている国の保健システムにとっては、完璧な嵐であった。新世紀になって初めて、事実上知られていない病気が急速に蔓延して公衆衛生上の緊急事態を引き起こしたため、ほとんどの国が克服できないほどの物流ギャップに対処せざるを得なくなったのである。それゆえ、治療に直接関与していないにもかかわらず、医学のすべての部門は、危機を解決するためにその貢献を提供するように求められています。Covid-19が単なる肺の病気ではなく、いくつかの臓器やシステムを巻き込んだ複雑な全身疾患であることが明らかになりつつあります。これは、異常な炎症反応に起因しており、最終的には、主に肺を標的としているが、特異的ではない多臓器性凝固症に至る。この症候群の病態生理はまだ完全には解明されていませんが、マクロファージとその免疫複合体システムが重要な役割を果たしているようです。肺炎を引き起こす激しい免疫反応を起こす患者がいる一方で、そうでない患者もいる理由はまだ明らかになっていません。マクロファージ活性化症候群(MAS)、またはサイトカインの嵐として定義される全身性の高炎症は、ホスファチジルコリンを合成し、貪食、オルガネラ生合成、分泌機能、エンドサイトーシスを刺激するために、コリン消費量の増加を必要とすることを示す手がかりがある。F-フルオロコリンは、前立腺癌患者のPET/CTイメージングに通常使用される天然由来のコリンの合成類似体である。F-フルオロコリンは、Covid-19 肺炎の肺間質浸潤におけるマクロファージ活性を画像化し、定量化することが可能である。この仮説が実験的に確認されれば、F-フルオロコリンPET/CTを用いてin vivoで肺の炎症の程度を画像化して定量化し、潜在的にこの疾患の重症度を層別化することが可能となる。

The recent outbreak of Covid-19 has represented a major challenge for the countries affected by the disease, not only in terms of loss of human life, economic downturn, and constraint on individual freedom, but also for the great pressure on the national health systems and hospitals. The 380 kDa virus has been a perfect storm, especially for those national health systems used to working with limited resources and high intensity rhythms, such as Italy. For the first time in the new century, a virtually unknown fast-spreading disease has caused a public health emergency thus forcing most countries to deal with an insurmountable logistic gap. Hence, every branch of Medicine, even though not directly involved in the treatment, has been called upon to provide its contribution to resolve the crisis. It is now becoming more apparent that Covid-19 is not solely a lung disease, but a complex systemic disease involving several organs and systems. This is due to an abnormal inflammatory response which eventually leads to multisystemic coagulopathy which mainly, but not uniquely, targets the lungs. Although the pathophysiology of this syndrome is still not fully understood, macrophages and their immune complex system seem to play a key role. It is not yet clear why some patients develop the violent immune response which results in pneumonitis while others do not. There are clues indicating that the systemic hyper-inflammation defined as macrophage activation syndrome (MAS), or cytokine storm, requires an increase in choline consumption to synthesize phosphatidylcholine and stimulate phagocytosis, organelle biogenesis, secretory functions, and endocytosis. F-Fluorocholine is a synthetic analog of the naturally occurring choline normally used for PET/CT imaging of prostate cancer patients. F-Fluorocholine could image and quantify the macrophage activity in pulmonary interstitial infiltrates of Covid-19 pneumonia. If the hypothesis is confirmed experimentally, F-Fluorocholine PET/CT could be used to in vivo image and quantify the degree of lung inflammation and potentially stratify the gravity of this disease.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.