会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Kyasanur森林病ウイルス非マウス動物モデル:パイロット研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Res Notes.2020 Jun;13(1):291. 10.1186/s13104-020-05137-8. doi: 10.1186/s13104-020-05137-8.Epub 2020-06-15.

Kyasanur森林病ウイルス非マウス動物モデル:パイロット研究

Kyasanur Forest disease virus non-mouse animal models: a pilot study.

  • A M Nikiforuk
  • K Tierny
  • T A Cutts
  • D K Kobasa
  • S S Theriault
  • B W M Cook
PMID: 32539799 PMCID: PMC7296627. DOI: 10.1186/s13104-020-05137-8.

抄録

目的:

マウスモデルは、Kyasanur Forest disease (KFD)の病理学的な再現性が様々な形で示されており、一貫して神経学的な関与が示されているが、これはヒトの病気の限られた特徴であるかもしれない。ヒトの病気の進行をより正確にモデル化する目的で、我々はいくつかの小動物モデル:モルモット、ハムスター、フェレットを感染させた:Kyasanur森林病ウイルス(KFDV)の力価のある感染量で。病気の重症度の臨床指標は17日間観察され、18日目には内臓臓器の死後の視覚的分析が行われた。疾患徴候とウイルス複製の確立を推測するために、選択された組織におけるウイルス負荷を測定した。

OBJECTIVES: Mouse models have delivered variable recapitulation of Kyasanur Forest disease (KFD) pathology and consistently demonstrated neurological involvement which may be a limited feature of human disease. With the purpose of more accurately modelling human disease progression we infected several small-mammalian models: guinea pigs, hamsters and ferrets with a titered infectious dose of Kyasanur Forest disease virus (KFDV). Clinical indicators of disease severity were observed for seventeen days, on day eighteen a visual post-mortem analysis of visceral organs was conducted. Viral load in selected tissues was measured to infer disease signs and the establishment of viral replication.

データの説明:

毎日のモニタリングでは、観察可能な病気の兆候は見られず、体重減少は種を問わず最小限であり、病理学的にも重度のウイルス感染を示すものではなかった。組織特異的なトロピズムとウイルス感染の確立を定量的リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(qRT-PCR)でモニターした。フェレット(n=0/3)ではウイルス複製は検出されなかったが、モルモット(n=3/3)の脾臓とハムスター(n=3/3)の脳には存在した。ハムスターの複数の組織(腎臓、肝臓、肺、脾臓)で低レベルのウイルスRNAが検出されたことから、ウイルスが宿主に適応している可能性が示唆された。血清学的検査は行われなかった。

DATA DESCRIPTION: Daily monitoring did not reveal any observable signs of illness; weight loss was minimal across species and gross pathology did not indicate severe viral infection. Tissue specific tropism and establishment of viral infection was monitored by quantitative real-time polymerase chain reaction (qRT-PCR). No viral replication was detected in ferrets (n = 0/3), but was present in the spleen of guinea pigs (n = 3/3) and the brain of hamsters (n = 3/3). Low levels of viral RNA were detected in multiple hamster tissues (kidney, liver, lung and spleen) suggesting the possibility of viral tropism and possible adaptation to the host. No serological tests were performed.