国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯根保存法が抗骨吸収療法下での抜歯窩治癒に及ぼす影響.ウサギを用いた実験的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Implant Dent Relat Res.2020 Jun;doi: 10.1111/cid.12916.Epub 2020-06-15.

歯根保存法が抗骨吸収療法下での抜歯窩治癒に及ぼす影響.ウサギを用いた実験的研究

Influence of ridge preservation procedures on extraction socket healing under antiresorptive therapy: An experimental study in rabbits.

  • Frank Schwarz
  • Gordon John
  • Jürgen Becker
  • Knut Achim Grötz
  • Robert Sader
  • Ilja Mihatovic
PMID: 32537909 DOI: 10.1111/cid.12916.

抄録

背景:

抜歯窩の治癒に及ぼす稜線保存法の影響を評価するために、ウサギを用いた実験的研究。

BACKGROUND: To assess the influence of ridge preservation procedures on the healing of extraction sockets under antiresorptive therapy.

材料および方法:

合計10匹のオランダベルテッドウサギを、アミノビスホスホネート(ゾレドロン酸)(Za)の静脈内投与(n=5)または陰性対照群(Za[nZa]なし)(n=5)のいずれかに無作為に割り付けた。6ヶ月時に下顎臼歯と上顎臼歯を摘出し、4つの実験部位を以下のサブグループに無作為に割り付けた。(a) コラーゲン被覆天然骨ミネラル(BOC)を用いたソケットグラフト+一次創傷閉鎖術、(b)冠動脈切除術(CO)、または(c)自然治癒+一次創傷閉鎖術(SP)のいずれかを行った。薬物療法はさらに4ヵ月間継続された。組織形態学的解析では、例えば、摘出部位の胸部硬組織閉鎖(C)および鉱化組織(MT)形成を考慮した。

MATERIAL AND METHODS: A total of 10 Dutch Belted rabbits were randomly allocated to either the intravenous administration of amino-bisphosphonate (zoledronic acid) (Za) (n = 5) or a negative control group (no Za [nZa]) (n = 5). At 6 months, the mandibular and maxillary molars were extracted and the four experimental sites randomly allocated to the following subgroups: (a) socket grafting using a collagen-coated natural bone mineral (BOC) + primary wound closure, (b) coronectomy (CO), or (c) spontaneous healing + primary wound closure (SP). Za medication was continued for another 4 months. Histomorphometrical analyses considered, for example, crestal hard tissue closure of the extraction site (C) and mineralized tissue (MT) formation.

結果:

Za-SPでは、C中央値が不完全で(31.76% vs nZa-SPでは100%)、ソケットの境界に沿った骨の腐食の兆候が見られた。BOCはZa群のC値とMT値の上昇に大きな影響を与えなかった。COは一般的に、骨壊死の組織学的徴候を伴わないMTによる残存根のカプセル化と部分的な置換吸収をもたらした。

RESULTS: Za-SP was associated with an incomplete median C (31.76% vs 100% in nZa-SP) and signs of bone arrosion along the confines of the socket. BOC had no major effects on increases in C and MT values in the Za group. CO commonly resulted in an encapsulation and partial replacement resorption of residual roots by MT without any histological signs of osteonecrosis.

結論:

(a)Za-SPは一般的にソケットの治癒と骨壊死の兆候と関連していること、(b)BOCはZa群ではソケットの治癒に大きな影響を与えなかったこと、(c)非感染歯のCOはZaに関連した顎の骨壊死を予防するために実行可能な対策である可能性があることが示された。

CONCLUSIONS: (a) Za-SP was commonly associated with a compromised socket healing and signs of osteonecrosis, (b) BOC had no major effect on socket healing in the Za group, and (c) CO at noninfected teeth might be a feasible measure for the prevention of a Za-related osteonecrosis of the jaw.

© 2020 The Authors. Clinical Implant Dentistry and Related Research Published by Wiley Periodicals LLC.