会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

オキシトシンの慢性投与が繁殖牝馬の黄体機能に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Equine Vet. Sci..2020 Jul;90:102991. S0737-0806(20)30082-4. doi: 10.1016/j.jevs.2020.102991.Epub 2020-03-16.

オキシトシンの慢性投与が繁殖牝馬の黄体機能に及ぼす影響

Effect of Chronic Administration of Oxytocin on Corpus Luteum Function in Cycling Mares.

  • Kate C Parkinson
  • Dirk K Vanderwall
  • Johanna Rigas
  • Alexis Sweat
PMID: 32534769 DOI: 10.1016/j.jevs.2020.102991.

抄録

本試験の目的は、発情周期中に治療を開始した時期にかかわらず(すなわち、発情行動のモニタリングおよび/または排卵の検出を行わずに)、1 日 1 回 60 単位のオキシトシンを 29 日間、筋肉内投与することで、周期中の繁殖牝馬に黄体機能(CL)を延長させることができるかどうかを調べることであった。牝馬を無作為に 2 群に割り付けた。(1) 生理食塩水処理の対照群(n=7)と(2) オキシトシン処理群(n=9)である。対照牝馬には3ccの生理食塩水を投与し、オキシトシン処理牝馬には60単位(3cc)のオキシトシンを29日間連続で筋肉内投与した。治療は、サイクルの日に関係なく、すべての牝馬で同日(1 日目)に開始されました。プロゲステロン濃度を測定するための頸静脈血を週 3 回(M、W、F)採取し、治療開始前の 21 日間、すべての牝馬が治療直前に正常な黄体期を迎えていたことを確認した。投与初日から 8 日間毎日採血し、その後 80 日目まで週 3 回採血した。治療期間終了後、血清プロゲステロン値が 1.0ng/mL を超えて 25 日間以上継続している場合、繁殖牝馬は CL 機能が延長していると考えられた。CL 機能が延長した牝馬の割合は、生理食塩水処理群よりもオキシトシン処理群の方が高かった(それぞれ 7/9 vs. 1/7;P < 0.05)。CL 機能の延長を示した 7 頭のオキシトシン処理牝馬のうち 3 頭は、オキシトシン処理開始から 4~7 日以内に最初に黄体溶解を起こし、その後、処理期間中の排卵後に CL 機能の延長を示した。CL 機能が延長した他の 4 頭のオキシトシン治療牝馬では、プロゲステロンは治療期間中および治療後の期間を通じて 1.0ng/mL を超えていた。また、CL機能が延長したすべての牝馬は、少なくとも試験開始55日目までプロゲステロン濃度の上昇を維持していた。結論として、60 単位のオキシトシンを 29 日間連続で筋肉内投与することで、発情周期中に治療を開始した時期にかかわらず、牝馬の CL 機能が効果的に延長された。重要なことは、発情行動や排卵日の検出を必要としないオキシトシン治療によるCL機能延長のプロトコルを示していることである。

The objective of this study was to determine if intramuscular administration of 60 units of oxytocin once daily for 29 days, regardless of when treatment was initiated during the estrous cycle (i.e., without monitoring estrous behavior and/or detecting ovulation), would induce prolonged corpus luteum (CL) function in cycling mares. Mares were randomly assigned to two groups: (1) saline-treated control (n = 7) and (2) oxytocin-treated (n = 9) subjects. Control mares received 3 cc of saline, and oxytocin-treated mares received 60 units (3 cc) of oxytocin intramuscularly for 29 consecutive days. Treatment was initiated in all mares on the same day (day 1), independent of the day of the cycle. Jugular blood samples for determination of progesterone concentration were collected three times weekly (M, W, and F) for 21 days before treatment was initiated to confirm that all mares had a luteal phase of normal duration immediately before treatment. Beginning on the first day of treatment, blood samples were collected daily for eight days and then three times weekly through day 80. Mares were considered to have prolonged CL function if serum progesterone remained >1.0 ng/mL continuously for at least 25 days after the end of the treatment period. The proportion of mares with prolonged CL function was higher in the oxytocin-treated group than in the saline-treated group (7/9 vs. 1/7, respectively; P < .05). Three of the seven oxytocin-treated mares that developed prolonged CL function initially underwent luteolysis within 4-7 days of the start of oxytocin treatment and then developed prolonged CL function after the subsequent ovulation during the treatment period. In the other four oxytocin-treated mares that developed prolonged CL function, progesterone remained >1.0 ng/mL throughout the treatment period and into the post-treatment period. All mares with prolonged CL function maintained elevated progesterone concentrations through at least day 55 of the study. In conclusion, intramuscular administration of 60 units of oxytocin for 29 consecutive days effectively prolonged CL function in mares, regardless of when treatment was initiated during the estrous cycle. Importantly, this represents a protocol for using oxytocin treatment to prolong CL function that does not require detection of estrous behavior or day of ovulation.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.