会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

未治療の濾胞性リンパ腫を対象としたBendamustine/RituximabとBortezomib導入またはLenalidomide継続併用の3アーム無作為化第II相試験。ECOG-ACRIN E2408 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin. Cancer Res..2020 Jun;1078-0432.CCR-20-1345. doi: 10.1158/1078-0432.CCR-20-1345.Epub 2020-06-12.

未治療の濾胞性リンパ腫を対象としたBendamustine/RituximabとBortezomib導入またはLenalidomide継続併用の3アーム無作為化第II相試験。ECOG-ACRIN E2408

A Three-Arm Randomized Phase II Study of Bendamustine/Rituximab with Bortezomib Induction or Lenalidomide Continuation in Untreated Follicular Lymphoma: ECOG-ACRIN E2408.

  • Andrew M Evens
  • Fangxin Hong
  • Thomas M Habermann
  • Ranjana H Advani
  • Randy D Gascoyne
  • Thomas E Witzig
  • Andrew Quon
  • Erik A Ranheim
  • Stephen M Ansell
  • Puneet Singh Cheema
  • Philip A Dy
  • Timothy E O'Brien
  • Jane N Winter
  • Terrence P Cescon
  • Julie E Chang
  • Brad S Kahl
PMID: 32532790 DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-20-1345.

抄録

目的:

我々は、未治療の高リスク濾胞性リンパ腫(FL)を対象に、ベンダムスチン/リツキシマブ(BR)導入療法とリツキシマブ維持療法の最前線での改善を目指した。

PURPOSE: We sought to improve upon frontline bendamustine/rituximab (BR) induction therapy followed by rituximab maintenance in untreated high-risk follicular lymphoma (FL).

患者および方法:

患者は、BR導入後に2年間のリツキシマブ維持療法(BR-R)、BRにボルテゾミブとリツキシマブ維持療法(BVR-R)、またはBRにレナリドミド(1年間)とリツキシマブ維持療法(BR-LR)を併用する群に無作為に割り付けられた。二重の主要目的は完全寛解率(CR)と1年無病生存率(DFS)であり、289人が登録された(NCT01216683)。

PATIENTS AND METHODS: Patients were randomized to BR induction followed by 2-year rituximab maintenance (BR-R), BR with bortezomib and rituximab maintenance (BVR-R), or BR followed by lenalidomide (1 year) with rituximab maintenance (BR-LR). Dual primary objectives were complete remission (CR) rate and 1-year disease-free survival (DFS); 289 patients enrolled (NCT01216683).

結果:

導入では、BR-R、BVR-R、またはBR-LRに無作為に割り付けられた患者の92%、87%、および86%がそれぞれ6サイクルを受けた。BR-RとBVR導入群のCR率はそれぞれ62%対75%であった(=0.04)。BR-RとBR-LRの1年DFS率はそれぞれ85%対67%であった(=0.0009)。これは、有害事象(AE)によるBR導入後のCR率と中止後のCR率の不均衡によるものであった。BVRとBRの比較で最も多かったグレード3~4のAEは好中球減少と感覚神経障害(12%対1%未満)であり、後者の83%はボルテゾミブの静脈内投与で発生した。LR vs. リツキシマブ維持療法に関連して最も多かったグレード3~4のAEは、好中球減少症66% vs. 21%(<0.0001)、発熱性好中球減少症10% vs. 2%(=0.05)であった。全治療関連死亡率は1.4%であった。5年中央値フォローアップで、BR-R、BVR-R、BR-LRの3年PFS率はそれぞれ77%、82%、76%(=0.36)、OS率はそれぞれ87%、90%、84%(=0.79)であった。予後については、CR率とPOD-24が生存率と関連していた。

RESULTS: For induction, 92%, 87%, and 86% of patients randomized to BR-R, BVR-R, or BR-LR received six cycles, respectively. CR rate with BR versus BVR induction was 62% versus 75%, respectively ( = 0.04). One-year DFS rates with BR-R versus BR-LR were 85% versus 67%, respectively ( = 0.0009). This was due to an imbalance in CR rates post-BR induction and discontinuation due to adverse events (AEs). The most common grade 3-4 AEs for BVR versus BR were neutropenia and sensory neuropathy (12% vs <1%); 83% of the latter occurred with intravenous bortezomib. The most common grade 3-4 AEs related to LR versus rituximab maintenance were neutropenia 66% versus 21%, respectively ( < 0.0001), and febrile neutropenia 10% versus 2%, respectively ( = 0.05). The overall treatment-related mortality was 1.4%. With 5-year median follow-up, 3-year PFS rates for BR-R, BVR-R, and BR-LR were 77%, 82%, and 76%, respectively ( = 0.36) with OS rates of 87%, 90%, and 84%, respectively ( = 0.79). For prognostication, CR rate and POD-24 were associated with survival.

結論:

未治療のFLでは、BR導入時にボルテゾミブを追加することも、BR導入直後にレナリドミドをリツキシマブ維持療法に追加することも推奨されていない。

CONCLUSIONS: Altogether, neither bortezomib added to BR induction nor lenalidomide added to rituximab maintenance immediately post-BR induction is recommended in untreated FL.

©2020 American Association for Cancer Research.