会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

5-ブロモ-3,4-ジヒドロキシベンズアルデヒド(Polysiphonia morrowii由来)は、マウスのIgE/BSA刺激による肥満細胞活性化および受動的な皮膚アナフィラキシーを抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biochem. Pharmacol..2020 Jun;178:114087. S0006-2952(20)30323-3. doi: 10.1016/j.bcp.2020.114087.Epub 2020-06-10.

5-ブロモ-3,4-ジヒドロキシベンズアルデヒド(Polysiphonia morrowii由来)は、マウスのIgE/BSA刺激による肥満細胞活性化および受動的な皮膚アナフィラキシーを抑制する

5-Bromo-3,4-dihydroxybenzaldehyde from Polysiphonia morrowii attenuate IgE/BSA-stimulated mast cell activation and passive cutaneous anaphylaxis in mice.

  • Eui Jeong Han
  • Ilekuttige Priyan Shanura Fernando
  • Eun-A Kim
  • Junseong Kim
  • Kyungsook Jung
  • Seo-Young Kim
  • Seon-Heui Cha
  • Kil-Nam Kim
  • Soo-Jin Heo
  • Ginnae Ahn
PMID: 32531348 DOI: 10.1016/j.bcp.2020.114087.

抄録

本研究では,Polysiphonia morrowii Harveyから分離した海洋藻類ブロモフェノール3-ブロモ-4,5-ジヒドロキシベンズアルデヒド(BDB)の免疫グロブリン(Ig)E/牛血清アルブミン(BSA)刺激マウス骨髄由来培養マスト細胞(BMCMCs)および受動的皮膚アナフィラキシー(PCA)マウス耳モデルにおける抗アレルギー活性を検討した。BDBは、IgE/BSA刺激を受けたBMCMCsにおいて、β-ヘキソサミニダーゼ遊離(IC=80.12μM)を効果的に抑制し、細胞毒性反応は認められなかった。また、BDBはサイトカインであるインターロイキン(IL)-1β、IL-4、IL-5、IL-6、IL-10、IL-13、インターフェロン(IFN)-γ、腫瘍壊死因子(TNF)-α、ケモカイン(胸腺および活性化制御ケモカイン(TARC))の発現・分泌を抑制した。以上の効果は、BMCMCsの表面におけるFcεRI発現の用量依存的な低下と、その安定なIgE結合に起因すると考えられる。さらに、BDBは、IgE/BSA刺激によって活性化される核内因子(NF)-κBおよび脾臓チロシンキナーゼ(SYK)-リンカーフォーT細胞活性化(LAT)-GRB2関連結合タンパク質2(Gab2)シグナル軸を抑制した。さらに、IgE感作マウスにBDBを経口投与することで、IgEをトリガーとしたPCA反応が効果的に抑制された。以上のことから,BDBの抗アレルギー作用は,詳細な試験の候補としての可能性を示唆している。

The present study investigates the anti-allergic activity of the marine algal bromophenol, 3-bromo-4,5-dihydroxybenzaldehyde (BDB), isolated from Polysiphonia morrowii Harvey in immunoglobulin (Ig)E/bovine serum albumin (BSA)-stimulated mouse bone marrow-derived cultured mast cells (BMCMCs) and a passive cutaneous anaphylaxis (PCA) mice ear model. BDB effectively inhibited β-hexosaminidase release (IC = 80.12 µM), in IgE/BSA-stimulated BMCMCs without a cytotoxic response. Also, BDB down-regulated the expression or secretion of cytokines, interleukin (IL)-1β, IL-4, IL-5, IL-6, IL-10, IL-13, interferon (IFN)-γ, and tumor necrosis factor (TNF)-α and the chemokine (thymus and activation-regulated chemokine (TARC). The above effects could be attributed to the dose-dependent decrease of FcεRI expression on the surface of BMCMCs and its stable IgE binding. Moreover, BDB suppressed the nuclear factor (NF)-κB and spleen tyrosine kinase (SYK)-linker for T-cell activation (LAT)-GRB2 associated binding protein 2 (Gab2) signaling axis activated by IgE/BSA stimulation. Furthermore, oral administration of BDB to IgE-sensitized mice effectively attenuated IgE-triggered PCA reaction. Collectively, the anti-allergic effects of BDB suggest its potential applicability as a candidate for in-depth test trials.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.