国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

シェーグレン症候群を中心とした嚥下における唾液の役割についてのチュートリアル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Speech Lang Pathol.2020 Jun;:1-13. doi: 10.1044/2020_AJSLP-19-00083.Epub 2020-06-12.

シェーグレン症候群を中心とした嚥下における唾液の役割についてのチュートリアル

A Tutorial on Saliva's Role in Swallowing With a Focus on Sjögren's Syndrome.

  • Veronica H Letawsky
  • Ann-Marie Schreiber
  • Stacey A Skoretz
PMID: 32531172 DOI: 10.1044/2020_AJSLP-19-00083.

抄録

目的 唾液は嚥下に不可欠であり、口腔内の健康に必要なものです。唾液の起源と性質を理解することは、嚥下の評価と管理のために重要です。シェーグレン症候群(SS)のような疾患は唾液に悪影響を与え、しばしば嚥下障害に貢献することができます。私たちの目的は、(a)嚥下における唾液の基本的な役割を強調し、(b)SSの病態生理と唾液への影響に関連する文献の書誌学的概要を提供し、(c)嚥下と生活の質のSSと他の集団における唾液の変化の意味合いを探り、(d)実践における系統的な唾液評価のための提案を提供します。方法 このチュートリアルでは、唾液の生産、組成、および健康と病気の中で嚥下への関与をレビューします。迅速なレビュー方法を使用して、私たちは唾液にSSの効果を概説し、SSの病因、診断、および治療について説明します。我々は、正式な唾液の評価と学際的なアプローチを議論します。結果 唾液は嚥下、特に潤滑、ボーラス形成、口腔の健康に重要な役割を果たしている。SSは唾液の流量と組成を変化させる唾液腺に影響を与えます。我々は、唾液の変化を測定する55の研究を同定した() SS分類基準の更新によって区分された4つの層に応じてそれらをグループ化しました。いくつかのために、口腔乾燥、嚥下障害、および生活の質の結果を減少させます。正式な唾液評価には、臨床口腔乾燥スコア、口腔乾燥インベントリ、および分泌物評価スケールが含まれます。集学的ケアは唾液の変化を持つ患者に最適です。結論 疾患における唾液の変化を理解することは、嚥下の理解を高め、嚥下障害の実践に役立つ可能性がある。正式な唾液評価と嚥下評価の拡大、および患者の視点は、オーダーメイドの治療法の開発に役立つかもしれません、最終的にはアウトカムと生活の質を向上させます。補足資料 https://doi.org/10.23641/asha.12456449.

Purpose Saliva is integral to swallowing and necessary for oral health. Understanding saliva's origin and properties is important for swallowing assessment and management. Diseases such as Sjögren's syndrome (SS) can affect saliva negatively, often contributing to dysphagia. Our objectives are to (a) highlight saliva's fundamental role in swallowing, (b) provide a bibliometric overview of literature pertaining to SS pathophysiology and effects on saliva, (c) explore implications of salivary changes on swallowing and quality of life in SS and other populations, and (d) provide suggestions for systematic saliva assessment in practice. Method This tutorial reviews saliva production, composition, and involvement in swallowing within health and disease. Using rapid review methodology, we outline the effect of SS on saliva and describe SS etiology, diagnosis, and treatment. We discuss formal saliva assessments and a multidisciplinary approach. Results Saliva plays a vital role in swallowing, particularly lubrication, bolus formation, and oral health. SS affects the salivary glands altering salivary flow rate and composition. We identified 55 studies () measuring salivary changes, grouping them according to four strata demarcated by SS classification criteria updates. For some, xerostomia, dysphagia, and reduced life quality result. Formal saliva assessments include the Clinical Oral Dryness Score, Xerostomia Inventory, and Secretion Rating Scale. Multidisciplinary care is optimal for patients with salivary changes. Conclusion Understanding salivary changes in disease may enhance understanding of swallowing and inform dysphagia practice. Expanding swallowing assessments with formal saliva evaluations, and patient perspectives thereof, may aid in developing bespoke treatments, ultimately improving outcomes and quality of life. Supplemental Material https://doi.org/10.23641/asha.12456449.