会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

一般歯科診療における根管治療の放射線画像診断結果:予後因子としての歯種と根の充填物の質。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Odontol. Scand..2020 Jun;:1-6. doi: 10.1080/00016357.2020.1773531.Epub 2020-06-12.

一般歯科診療における根管治療の放射線画像診断結果:予後因子としての歯種と根の充填物の質。

Radiographic outcome of root canal treatment in general dental practice: tooth type and quality of root filling as prognostic factors.

  • Erika Laukkanen
  • Miira M Vehkalahti
  • Anja K Kotiranta
PMID: 32529874 DOI: 10.1080/00016357.2020.1773531.

抄録

本研究では、一般歯科開業医(GDP)が実施した根管治療(RCT)について、歯の種類と根管充填の質に焦点を当てて、レントゲン写真の結果を評価した。対象集団は、2010-2011年にヘルシンキ市内のGDPで根管充填を受けた全患者とした。顎の各歯の種類(前歯、前歯、大臼歯)が同数であり、その結果、426本の歯が含まれている。術前および術後の歯周X線写真を評価し、歯周の状態と歯根充填の質を評価した。統計的評価はカイ二乗検定、コーエンのカッパ、ロジスティック回帰モデリングを用いた。RCTの全体的な成功率は67.4%で、前歯部で76.8%、前歯部で69.7%、大臼歯部で55.6%(<"Zs_2002".001)であった。詰め物の質は歯の種類によって異なり("Zs_2002"<"Zs_2002".001),大臼歯では最適な詰め物の頻度が最も低く(43%),大臼歯では最適な詰め物の頻度が最も低かった.多因子分析では、RCTは大臼歯以外の歯(OR"Zs_2002"="Zs_2002"1.8)、最適な根の詰め物をした歯(OR"Zs_2002"="Zs_2002"3.6)、および歯周炎のない歯(OR"Zs_2002"="Zs_2002"3.2)で成功する可能性が高かった。RCTの根の詰め物の質とX線写真の結果は歯の種類によって大きく異なり、大臼歯では成功する可能性が最も低かった。GDPによるRCTの質の向上が必要である。

This study evaluated the radiographic outcome of root canal treatments (RCTs) performed by general dental practitioners (GDPs) with focus on tooth type and quality of root filling. The target population included all patients receiving root filling by GDPs in City of Helsinki in 2010-2011. Equal numbers of each tooth type (anteriors, premolars, molars) by jaw were included, resulting in 426 teeth. Pre- and post-operative periapical radiographs were assessed to evaluate periapical status and quality of root filling. Statistical evaluation utilized Chi-squared tests, Cohen's kappa and logistic regression modelling. The overall success rate of RCT was 67.4%, being 76.8%, 69.7% and 55.6% (< .001) for anteriors, premolars and molars, respectively. The quality of root fillings varied by tooth type ( < .001); optimal fillings were least frequent (43%) in molars. In multifactorial analysis, RCTs were more likely to succeed in non-molars (OR = 1.8), in teeth with optimal root fillings (OR = 3.6) and in teeth without apical periodontitis (OR = 3.2). The quality of root fillings and radiographic outcome of RCTs varied considerably according to tooth type; success was least likely in molars. Improvement is needed in quality of RCTs by GDPs.