国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

定位ナビゲーションを用いた斜位腰椎体間融合術。テクニカルノート | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Global Spine J.2020 Apr;10(2 Suppl):94S-100S. 10.1177_2192568220910181. doi: 10.1177/2192568220910181.Epub 2020-05-28.

定位ナビゲーションを用いた斜位腰椎体間融合術。テクニカルノート

Oblique Lumbar Interbody Fusion With Stereotactic Navigation: Technical Note.

  • Winward Choy
  • Rory Richard Mayer
  • Praveen V Mummaneni
  • Dean Chou
PMID: 32528814 PMCID: PMC7263341. DOI: 10.1177/2192568220910181.

抄録

スタディデザイン:

外科的テクニカルノート。

Study Design: Surgical technical note.

目的:

ニューロナビゲーションを用いた斜位腰椎体間融合術の術前評価、アプローチ、および技術的考慮事項を記述する。

Objectives: Describe the preoperative evaluation, approach, and technical considerations for an oblique lumbar interbody fusion using neuronavigation.

方法:

以前に行われた術前および経大腿骨間板癒合術の技術的および解剖学的記述の徹底的なレビューが行われ、ナビゲートされた斜位側体間板癒合術のための技術的検討事項に組み込まれた。

Methods: A thorough review of previous technical and anatomic descriptions for pre- and transpsoas interbody techniques was performed and incorporated into the technical considerations warranting discussion for a navigated oblique lateral interbody fusion.

結果:

腰部体間固定術(OLIF)としても知られるプレプソアス法は、大動脈/下大静脈間の後腹膜回廊を利用した腰部体間固定術の代替的なアプローチである。このコリドーには神経血管構造がなく、リアルタイムの筋電図モニタリングの必要性がありません。このアプローチは、大腿骨を免れ、重要な構造物を直接可視化し、大血管、尿管、腰椎叢への損傷のリスクを最小限に抑えることができます。

Results: The prepsoas technique, also known as an oblique lumbar interbody fusion (OLIF), is an alternative approach for lumbar interbody fusion that utilizes a retroperitoneal corridor between the aorta/inferior vena cava. This corridor is devoid of neurovascular structures and obviates the need for real time electromyography monitoring. This approach spares the psoas and provides direct visualization of key structures and minimizes risk of injury to the great vessels, ureter, and lumbar plexus.

結論:

ナビゲーション付き前腰椎後腹膜アプローチは、腰椎体間癒合のための効果的な低侵襲技術であり、前腰椎体間癒合または側方腰椎体間癒合に見られる血管および神経学的合併症の一部を軽減し、術者への放射線被曝を最小限に抑えるのに役立つ可能性があります。

Conclusions: A navigated prepsoas retroperitoneal approach is an effective minimally invasive technique for lumbar interbody fusion that may help mitigate some of the vascular and neurologic complications present with anterior lumbar interbody fusion or lateral lumbar interbody fusion and minimize radiation exposure to the surgeon.

© The Author(s) 2020.