会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

WasCはWASPファミリータンパク質の一つであり、DictyosteliumのF-アクチン重合を制御することで細胞の接着や遊走に関与している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Microbiol..2020 Jun;10.1007/s12275-020-0138-9. doi: 10.1007/s12275-020-0138-9.Epub 2020-06-10.

WasCはWASPファミリータンパク質の一つであり、DictyosteliumのF-アクチン重合を制御することで細胞の接着や遊走に関与している

WasC, a WASP family protein, is involved in cell adhesion and migration through regulation of F-actin polymerization in Dictyostelium.

  • Pyeonghwa Jeon
  • Taeck Joong Jeon
PMID: 32524343 DOI: 10.1007/s12275-020-0138-9.

抄録

アクチン細胞骨格は、細胞の形態や遊走の調節に関与している。ウィスコット・アルドリッチ症候群タンパク質(WASP)は、Arp2/3複合体を活性化することでアクチン重合を制御する重要な役割を果たしている。本研究では、Dictyostelium の 3 つの WASP の一つである WasC が細胞内でどのような役割を果たしているかを調べた。WasCを欠損した細胞は、野生型細胞と比較して細胞接着力が強く、F-アクチン量が約1.5倍に増加していた。WasCを欠損した細胞は、化学吸引剤を介した細胞移動において、ファゴサイトーシスの障害を引き起こし、移動速度を低下させたが、方向性には影響を及ぼさなかった。WasCは移動する細胞の突出部に局在し、化学吸引剤刺激に応答して細胞皮質に一過性かつ急速に移動し、F-アクチンに依存していた。これらの結果から、WasCは、おそらくネガティブレギュレーターとして、移動する細胞の先端部でF-アクチンの重合を制御することで、細胞接着と移動に関与していることが示唆された。WasCヌル細胞における接着力の増加は、細胞の移動速度を低下させるが、方向性は低下させない可能性がある。

The actin cytoskeleton is involved in the regulation of cell morphology and migration. Wiskott-Aldrich Syndrome proteins (WASPs) play an important role in controlling actin polymerization by activating the Arp2/3 complex. The present study investigated the roles of WasC, one of the 3 WASPs in Dictyostelium, in cellular processes. Cells lacking WasC displayed strong cell adhesion and approximately 1.5-fold increase in F-actin levels as compared to the wild-type cells. Loss of wasC caused defects in phagocytosis and decreased the migration speed in chemoattractant-mediated cell migration but did not affect directionality. WasC was localized to the protruding region in migrating cells and, transiently and rapidly translocated to the cell cortex in response to chemoattractant stimulation, in an F-actin dependent manner. Our results suggest that WasC is involved in cell adhesion and migration by regulating F-actin polymerization at the leading edge of migrating cells, probably as a negative regulator. The increased strength of adhesion in wasC null cells is likely to decrease the migration speed but not the directionality.