国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

24 時間体制での血液培養同定を目的とした GenMark ePlex 血液培養パネルの導入による臨床的影響;プロスペクティブ観察研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Infect Dis (Lond).2020 Jun;:1-8. doi: 10.1080/23744235.2020.1775882.Epub 2020-06-11.

24 時間体制での血液培養同定を目的とした GenMark ePlex 血液培養パネルの導入による臨床的影響;プロスペクティブ観察研究

The clinical impact of implementing GenMark ePlex blood culture panels for around-the-clock blood culture identification; a prospective observational study.

  • Anders Krifors
  • Gunilla Rådberg
  • Sultan Golbob
  • Zhino Omar
  • Camilla Svensson
  • Daniel Heimer
  • Christina Carlander
PMID: 32522111 DOI: 10.1080/23744235.2020.1775882.

抄録

敗血症の臨床管理における迅速な分子血液培養診断の導入は、早期の病原体同定と耐性遺伝子検査に不可欠である。GenMark ePlex 血液培養パネルは、最小限のハンズオン時間と約1.5時間で幅広い微生物スペクトルを提供します。そのため、臨床微生物検査室が利用できない時間帯でもePlexを活用することができます。2019年10月23日から2019年12月30日までの間、24時間365日利用可能な臨床微生物検査室で午後9時から午前7時までの間に、微生物の増殖を示す連続した非重複陽性血液培養物をePlexで分析した。すべての血液培養物は翌日に微生物検査室に運ばれ、通常の識別と抗生物質感受性検査のために使用された。ePlexを使用して91の血液培養物を検査したが、そのうち86は微生物の増殖が確認されていた。そのうちの 81 例は ePlex 標的病原体に陽性であった。ePlex の結果は 72/81 例(88.9%)で従来の方法と完全に一致し、中央値 10.9 時間以内に利用可能であった。抵抗性遺伝子標的(11 Aおよび1 CTX-M)はすべての症例で表現型感受性と一致していた。18/86例(20.9%)の症例では,ePlexの結果に基づいて抗菌薬治療を最適化する機会があった.ePlexの結果は86例中4例(4.7%)で臨床的意思決定に影響を与え,有効な抗菌薬治療までの平均時間を8.9時間短縮した。私たちが導入したePlexは、多くの病院で24時間体制で血液培養の識別を行うための実行可能なオプションです。病原体同定までの時間を大幅に短縮することができ、臨床的な意思決定に影響を与えることができます。

Implementing rapid molecular blood culture diagnostics in the clinical management of sepsis is essential for early pathogen identification and resistance gene testing. The GenMark ePlex blood culture panels offer a broad microbial spectrum with minimal hands-on time and approximately 1.5 h to result. Therefore, ePlex can be utilized at times when the clinical microbiology laboratory is unavailable. From 23 October 2019 to 30 December 2019, consecutive non-duplicate positive blood cultures signalling microbial growth at the 24 h/7 days-a-week available clinical chemistry laboratory between 9 pm and 7 am were analysed with ePlex. All blood cultures were transported to the microbiology laboratory the following day for conventional identification and antibiotic susceptibility testing. We used ePlex to test 91 blood cultures, of which 86 had confirmed microbial growth. Eighty-one were positive for ePlex target pathogens. The ePlex results were in complete agreement with conventional methods in 72/81 (88.9%) of cases and available within a median of 10.9 h earlier. Resistance gene targets (11 A and 1 CTX-M) were concordant with phenotypic susceptibility in all cases. In 18/86 (20.9%) of the patient cases, there was an opportunity to optimize antimicrobial therapy based on the ePlex result. The ePlex result affected clinical decision-making in 4/86 (4.7%) of the cases and reduced the average time to effective antimicrobial therapy by 8.9 h. Our implementation of ePlex is a feasible option to attain around-the-clock blood culture identification in many hospitals. It can significantly reduce time-to-pathogen identification and have an impact on clinical decision-making.