国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

中国におけるCOVID-19パンデミック時の在宅隔離大学生のメンタルヘルス問題におけるアレキシーミアの役割について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pers Individ Dif.2020 Oct;165:110131. S0191-8869(20)30320-2. doi: 10.1016/j.paid.2020.110131.Epub 2020-06-05.

中国におけるCOVID-19パンデミック時の在宅隔離大学生のメンタルヘルス問題におけるアレキシーミアの役割について

The role of alexithymia in the mental health problems of home-quarantined university students during the COVID-19 pandemic in China.

  • Wanjie Tang
  • Tao Hu
  • Le Yang
  • Jiuping Xu
PMID: 32518435 PMCID: PMC7273169. DOI: 10.1016/j.paid.2020.110131.

抄録

目的:

精神衛生上の問題が致命的なパンデミックの一般的な結果であることはよく知られているが、無気力症との関連性はあまり明らかではない。本研究では、2019/2020年の中国でのCOVID-19パンデミック期間中に在宅隔離された大学生の評価において、この関連性を検討した。

Objective: While it is well known that mental health problems are common consequences of deadly pandemics, the association with alexithymia is less clear. This study examined this association in an evaluation of home-quarantined university students during the 2019/2020 COVID-19 pandemic in China.

方法:

中国南西部の6つの大学に在籍する2501人の家庭内隔離学生を対象に、20項目のToronto Alexithymia Scale(TAS-20)、Posttraumatic Stress Disorder Checklist-Civilian Version(PCL-C)、Patients Health Questionnaire-9(PHQ-9)の3つの質問票に回答してもらい、構造方程式モデリング(SEM)と媒介分析を用いて可能性のある関連性を抽出し、評価した。

Methods: In total, 2501 home-quarantined students from six southwest Chinese universities completed the following questionnaires: the 20-item Toronto Alexithymia Scale (TAS-20), the Posttraumatic Stress Disorder Checklist-Civilian Version (PCL-C), and the Patients Health Questionnaire-9 (PHQ-9), after which structural equation modeling (SEM) and mediation analyses were employed to extract and evaluate the possible associations.

結果:

うつ病やPTSDの可能性が高い参加者は、感情の識別困難(DIF)や感情の記述困難(DDF)など、より重度の無気力症の特徴も報告していることが明らかになった。また、無気力症は、精神衛生上の問題に対する曝露回数の影響を部分的に媒介することも明らかになった。

Results: It was found that participants with probable depression or PTSD also reported more severe alexithymia features, such as difficulties in identifying feelings (DIF) or describing feelings (DDF). Alexithymia was also found to partially mediate the effect of number of exposures on mental health problems.

結論:

これらの結果から、若年者が自分自身の感情と他者の感情を識別し、対処するのを支援する戦略を実施することで、致命的なパンデミックイベントに関連したメンタルヘルス問題を予防または軽減できる可能性が示唆された。しかし、メンタルヘルス問題を抱える人々におけるDIFやDDFの具体的な関与を調べるためには、今後の縦断的研究が必要である。

Conclusion: These results suggested that implementing strategies to assist young people identify and deal with their own emotions and those of others could prevent or mitigate the mental health problems associated with deadly pandemic events. However, future longitudinal studies are needed to examine the specific involvement of DIF or DDF in people with mental health problems.

© 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.