国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

病原性およびバイオフィルム形成株に対する精油の効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biofouling.2020 Apr;36(4):467-478. doi: 10.1080/08927014.2020.1772243.Epub 2020-06-09.

病原性およびバイオフィルム形成株に対する精油の効果

Effect of essential oils on pathogenic and biofilm-forming strains.

  • Md Furkanur Rahaman Mizan
  • Md Ashrafudoulla
  • Md Iqbal Hossain
  • Hye-Ran Cho
  • Sang-Do Ha
PMID: 32515601 DOI: 10.1080/08927014.2020.1772243.

抄録

本研究では、一般的に安全性が認められているクローブ油(CO)、タイム油(TO)、ニンニク油(GO)の3つの精油(EO)のプランクトン増殖、最小阻害濃度(MIC)、最小殺菌濃度(MBC)、運動性、バイオフィルム形成、およびQS(quorum sensing)に対する効果を検討した。3つのEOはすべて静菌活性を示し,MICは0.02%~0.09%(v/v)の範囲であった。COとTOは10分後のプランクトンの増殖を0.28%と0.08%(v/v)で完全に抑制したが,GOは20分後の増殖を0.36%(v/v) (4×MIC)で完全に抑制した。 運動性は4×MICでは3つのEOすべてで有意に減少した(COでは0.28%、TOでは0.08%、GOでは0.36%)が、8×MICでは3つのEOすべてでQSが制御され、バイオフィルム形成が30分後に減少した(COでは0.56%、TOでは0.16%、GOでは0.72%)。これらの結果は、CO、TO、GOがバイオフィルム砂中の細胞に対して有意な抑制効果を示すことを示唆しており、食品の安全性を向上させるための有望な戦略であることを示している。これらの結果は、提案されたEOの食品調製プロセスでの実用化に向けた更なる研究を奨励するために必要な証拠を提供するものである。

In this study, the effect of three essential oils (EOs) - clove oil (CO), thyme oil (TO), and garlic oil (GO), which are generally recognized as safe - on the planktonic growth, minimum inhibitory concentration (MIC), minimum bactericidal concentration (MBC), motility, biofilm formation, and quorum sensing (QS) of was investigated. All three EOs showed bacteriostatic activity, with MICs in the range 0.02%-0.09% (v/v). CO and TO completely controlled planktonic growth at 0.28% and 0.08% (v/v), which is four times their MIC (4 × MIC), after 10 min, whereas GO completely controlled growth at 0.36% (v/v) (4 × MIC) after treatment for 20 min. motility was significantly reduced by all three EOs at 4 × MIC (0.28% for CO, 0.08% for TO, and 0.36% for GO), whereas QS was controlled and biofilm formation reduced by all three EOs at 8 × MIC (0.56% for CO, 0.16% for TO, and 0.72% for GO) after 30 min of treatment. These results suggest that CO, TO, and GO have a significant inhibitory effect on cells in biofilm sand thus represent a promising strategy for improving food safety. These results provide the evidence required to encourage further research into the practical use of the proposed EOs in food preparation processes.