会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

頸動脈内膜厚に基づく歯周状態の評価. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Oral Health Prev Dent.2020;18(3):511-519. 44036. doi: 10.3290/j.ohpd.a44036.

頸動脈内膜厚に基づく歯周状態の評価.

Assessment of Periodontal Status Based on Carotid Artery Intima Media Thickness.

  • Krishna N Nitya
  • Dolar Doshi
  • Suhas Kulkarni
  • Madupu Padma Reddy
  • Adepu Srilatha
  • Dantala Satyanarayana
PMID: 32515422 DOI: 10.3290/j.ohpd.a44036.

抄録

目的:

動脈硬化は、心筋梗塞、脳卒中、腎不全、末梢血管疾患、そしておそらくは認知症の原因となることが最も多いため、世界的に壊滅的な疾患である。臨床/不顕性アテローム性動脈硬化症と歯周炎との関連性を支持する十分な文書化された証拠があります。頸動脈内膜中隔壁厚(CIMT)は、アテローム性動脈硬化症の病理組織学的に有効なマーカーである。本研究の目的は、頸動脈内膜中膜厚に基づいて歯周状態を評価することである。

PURPOSE: Atherosclerosis is a devastating disease worldwide since it is the most frequent cause of myocardial infarction, stroke, renal failure, peripheral vascular disease and perhaps dementia. There is a well-documented evidence supporting the association between clinical/subclinical atherosclerosis and periodontitis. Carotid intima media wall thickness (CIMT) is a histopathologically validated marker of atherosclerosis. This study's purpose was to assess periodontal status based on carotid artery intima media thickness.

材料と方法:

CIMT検査のためにNampally HyderabadのCare Hospitalを受診した被験者を対象に横断的研究を実施した。口腔衛生状態はSimplified Oral Hygiene Indexを用いて評価し、歯周健康状態は修正世界保健機関(WHO)のOral Health Assessment form, 1997を用いて測定した。データは、Statistical Package for Social Sciences (SPSS) version 21.0を用いて分析した。カイ二乗検定、Mann-Whitney U検定、分散分析(ANOVA)を用いて、比率と平均点を比較した。ロジスティック回帰分析により、独立変数としての歯周炎と他の変数とのCIMTとの関係を決定した。P < 0.05は統計的に有意と考えられた。

MATERIALS AND METHODS: A cross-sectional study was carried out among subjects who visited the Care Hospital, Nampally Hyderabad for CIMT test. Oral hygiene status was evaluated using Simplified Oral Hygiene Index and periodontal health status was measured using modified World Health Organization (WHO) Oral Health Assessment form, 1997. The data was analysed using Statistical Package for Social Sciences (SPSS) version 21.0. The proportions and mean scores were compared using chi-square test, Mann-Whitney U test and analysis of variance (ANOVA). Logistic regression analysis determined the relationship between periodontitis, as an independent variable and other variables with CIMT. P < 0.05 was considered statistically significant.

結果:

合計600人を、CIMT厚さ1mm未満(292人、48.6%)およびCIMT>1mm(308人、51.3%)に基づいて変数別に分類した。CIMTが1mmを超える45歳以上の被験者と男性では、すべての口腔内パラメータについて有意に高い平均スコアが観察された(p≦0.05*)。ロジスティック回帰分析では、年齢群、すなわち45歳以上(OR 3.5)、男性(OR 2.02)、大学歴(OR 2.99)、過去の歯科受診歴なし(OR 3.71)、1年以上の受診歴なし(OR 0.76)、タバコ(OR 1.13)とアルコール使用歴(OR 1.65)の増加、OHI-Sの不良(OR 1.65)が示された。65)、貧弱なOHI-S(OR 8.00)、コード3、4(OR 4.41)を持つ地域歯周指数(CPI)、コード2(OR 3.05)とコード3(OR 5.80)を持つ愛着喪失(LOA)は、CIMT > 1 mmの被験者の中で、相手と比較して有意に高いオッズを有していた(p ≤ 0.05*)。

RESULTS: A total of 600 individuals were classified based on CIMT thickness ≤ 1 mm (292; 48.6%) and CIMT > 1 mm (308; 51.3%) according to variables. Significantly higher mean scores were observed for all oral parameters among subjects with CIMT > 1 mm aged > 45 years and among males (p ≤ 0.05*). Logistic regression analysis showed that increasing age group, ie,> 45 years (OR 3.5), males (OR 2.02), university education (OR 2.99), no history of previous dental visit (OR 3.71); and visit ≥ 1 year (OR 0.76) and previous history of tobacco (OR 1.13) and alcohol use (OR 1.65), poor OHI-S (OR 8.00), Community Periodontal Index (CPI) with Code 3, 4 (OR 4.41) and loss of attachment (LOA) with Code 2 (OR 3.05) and Code 3 (OR 5.80) had significantly higher odds among individuals with subjects with CIMT > 1 mm compared to their counterparts (p ≤ 0.05*).

結論:

本研究の結果、CIMT>1mmの被験者では、歯周病と口腔衛生不良がより重篤であると結論づけられた。増加するCIMTの進行を食い止めるためには、積極的な健康行動を引き出すことができる確立された歯科の紹介とともに、予防的な口腔保健プログラムを心臓の設定に統合する必要があります。

CONCLUSION: The results of the study concluded that periodontal disease and poor oral hygiene were more severe among the subjects with CIMT > 1 mm. To halt the progression of increasing CIMT, preventive oral health programmes need to be integrated in the cardiac setting with established dental referral which can bring out positive health behaviours.