会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

カドミウム誘発性生殖毒性ラットの精子指標、アクロソーム反応、精子DNA完全性に及ぼすカルポロビア・リュテアのメタノール根抽出物の影響について検討した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JBRA Assist Reprod.2020 Jun;doi: 10.5935/1518-0557.20200036.Epub 2020-06-08.

カドミウム誘発性生殖毒性ラットの精子指標、アクロソーム反応、精子DNA完全性に及ぼすカルポロビア・リュテアのメタノール根抽出物の影響について検討した

Effects of the methanol root extract of Carpolobia lutea on sperm indices, acrosome reaction, and sperm DNA integrity in cadmium-induced reproductive toxicity in male Wistar rats.

  • Adeniran Oluwadamilare Akinola
  • Adekunle Wahab Oyeyemi
  • Oluyemi O Daramola
  • Yinusa Raji
PMID: 32510897 DOI: 10.5935/1518-0557.20200036.

抄録

目的:

酸化ストレスはカドミウム誘発性生殖機能障害のメカニズムである。カポロビア・ルテアはフリーラジカル消去剤である。本研究では、カドミウム誘発性生殖機能障害に対するメタノール抽出物の潜在的な保護効果を検討した。

OBJECTIVE: Oxidative stress is a mechanism of cadmium-induced reproductive dysfunction. Carpolobia lutea is a free radical scavenger. Our study investigated the potential protective effects of Carpolobia lutea root methanol extract against cadmium-induced reproductive toxicity.

方法:

アクレで入手したCarpolobia luteaの根は、ナイジェリアのイバダンにある Forestry Research Institute of Nigeria (FRIN) herbarium (FHI number 109784)で認証されている。そのメタノール抽出物を得るためにソックスレー抽出法を用いた。本試験では、30匹の雄性Wistarラット(150〜170g)を使用し(1群あたりn=5匹)、以下のように処理した。コントロール(1ml/kg通常食塩水)、Cd(2mg/kg)、Cd+MCL(2mg/kg+100mg/kg)、Cd+MCL(2mg/kg+200mg/kg)、MCL(100mg/kg)、MCL(200mg/kg)を投与した。Carpolobia luteaを8週間経口投与した。カドミウム2mg/kgを単回腹腔内投与した。コンピュータ支援精子分析装置を用いて精子のプロファイルを評価した。顕微鏡下で精子のアクロソーム反応とDNA損傷を測定した。分光光度法を用いて精液果糖レベルを測定し、データをp<0.05でANOVAを用いて分析した。

METHODS: We obtained the Carpolobia lutea root in Akure, and it was authenticated at the Forestry Research Institute of Nigeria (FRIN) herbarium, Ibadan, Nigeria, with FHI number 109784. We used Soxhlet extraction to obtain its methanol extract. We used thirty male Wistar rats (150-170g) in this study, (n=5 per group), and treated them as follows: Control (1 ml/kg normal saline), Cd (2 mg/kg), Cd+MCL (2 mg/kg+100 mg/kg), Cd+MCL (2 mg/kg+200 mg/kg), MCL (100 mg/kg), MCL (200 mg/kg). We administered Carpolobia lutea orally for 8 weeks. We administered a single dose of 2 mg/kg of cadmium intraperitoneally. We assessed the sperm profile using a computer-aided sperm analyzer. Under microscopy, we determined the sperm acrosome reaction and the DNA damage. We measured the seminal fructose level using spectrophotometry, and the data were analyzed using ANOVA at p<0.05.

結果:

Cd+MCL(2mg/kg+200mg/kg)は、精子数(339.0±25.0 vs. 29.0±450万/mL)、運動性(80.0±0.2 vs. 55.0±4.9%)、生存率(68.7 vs. 31.3&#xB1;2.7)、異常精子の減少(28.3 vs. 43.3&#xB1;2.9%)を有意に示し、異常精子の減少(28.3&#xB1;2.7 vs. 31.3&#xB1;2.9%)を示した。9%)、生存率(68.7±2.7 vs. 31.3±2.9%)、異常精子の減少(28.3±1.7 vs. 43.3±2.5%)がカドミウム群と比較して認められた。Cd+MCL(2mg/kg+200mg/kg)はカドミウム群と比較してアクロソーム反応(68.0±7.5 vs. 15.2±2.4%)及び精液果糖値(0.49±0.06 vs. 0.28±0.06 mmol/L)を有意に増加させた。Cd+MCL(2mg/kg+200mg/kg)は、カドミウム群と比較して精子のDNA損傷(14.1±1.6 vs. 35.9±5.3%)を有意に減少させた。

RESULTS: Cd+MCL (2mg/kg+200 mg/kg) significantly increased sperm count (339.0±25.0 vs. 29.0±4.5 million/mL), motility (80.0±0.2 vs. 55.0±4.9%), viability (68.7±2.7 vs. 31.3±2.9%) and decreased abnormal sperm (28.3±1.7 vs. 43.3±2.5%), relative to the cadmium group. Cd+MCL (2mg/kg+200 mg/kg) significantly increased acrosome reaction (68.0±7.5 vs. 15.2±2.4%) and seminal fructose level (0.49±0.06 vs. 0.28±0.06 mmol/L) relative to the cadmium group. Cd+MCL (2mg/kg+200 mg/kg) significantly decreased sperm DNA damage (14.1±1.6 vs. 35.9±5.3%) in relation to the cadmium group.

結論:

カドミウム暴露ラットの精子変数を改善するCarpolobia lutea根抽出物。

CONCLUSIONS: Carpolobia lutea root extract improves the sperm variables of rats exposed to cadmium.