会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

蛍光トマトレクチン灌流を用いたマウス脈絡膜および網膜血管系の可視化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transl Vis Sci Technol.2020 Jan;9(1):1. tvst-19-1888. doi: 10.1167/tvst.9.1.1.Epub 2020-01-29.

蛍光トマトレクチン灌流を用いたマウス脈絡膜および網膜血管系の可視化

Visualization of Mouse Choroidal and Retinal Vasculature Using Fluorescent Tomato Lectin Perfusion.

  • Chunhua Jiao
  • Kelsey Adler
  • Xiuying Liu
  • Weize Sun
  • Robert F Mullins
  • Elliott H Sohn
PMID: 32509436 PMCID: PMC7255627. DOI: 10.1167/tvst.9.1.1.

抄録

目的:

トマトレクチン(TL; )を用いて、マウスの全マウントおよび断面で脈絡膜および網膜血管を評価するための信頼性の高い簡便な方法を開発する。

Purpose: To develop a reliable and simplified method to assess choroid and retinal vasculature on whole mount and cross sections in mice using tomato lectin (TL; ).

方法:

アルビノマウス(= 27)は、尾静脈、頸静脈、または心臓左心室を介して血管内にTL(Dylight-594に共役)の1 mg/mLを受けた。網膜と脈絡膜の全体のマウントは、蛍光顕微鏡を使用して評価した。Dylight-594とフルオレセインイソチオシアネートに共役GSL-IB4と灌流は、TLとの標識と比較するために行われた。脈絡膜制限内皮細胞マーカーCA4に対して指示された抗体との断面上の灌流TLと脈絡膜内皮細胞のコラベル化を行った。脈絡膜および網膜血管の灌流の割合を半定量的に評価した。1匹のマウスは、網膜および脈絡膜血管のアブレーションを引き起こすために、灌流の前に熱レーザー損傷を受けた。

Methods: Albino mice ( = 27) received 1 mg/mL of TL (conjugated to Dylight-594) intravascularly through the tail vein, jugular vein, or cardiac left ventricle. Whole mounts of the retina and choroid were evaluated using fluorescence microscopy. Perfusion with GSL-IB4 conjugated to Dylight-594 and fluorescein isothiocyanate was performed to compare against labeling with TL. Co-labeling of choroidal endothelial cells with perfused TL on cross-sections with antibodies directed against the choriocapillaris-restricted endothelial cell marker CA4 was performed. The percentage of perfused choroidal and retinal vessels was assessed semiquantitatively. One mouse was subjected to thermal laser damage before perfusion to cause retinal and choroidal vasculature ablation.

研究成果:

TLの血管内注入は、網膜および脈絡膜血管壁の一貫した頑健なラベリングにつながった。断面では、脈絡膜は、CA4とTLと共同ラベリングされました。フラットマウントでは、TLの灌流は、心臓灌流と比較して尾/頸静脈注射を使用して脈絡膜血管のより良いラベリングをもたらした(< 0.01)。脈絡膜と網膜の血管樹のより一貫したラベリングは、GSL-IB4よりもTLで観察された。レーザーアブレーションによる血管障害は、この方法で容易に検出された。

Results: Intravascular injection of TL led to consistent, robust labeling of retinal and choroidal vascular walls. On cross-sections, choriocapillaris was co-labeled with CA4 and TL. On flat mount, TL perfusion resulted in better labeling of choroidal vessels using tail/jugular vein injection compared with cardiac perfusion ( < .01). More consistent labeling of the choroidal and retinal vascular trees was observed with TL than with GSL-IB4. Vascular damage caused by laser ablation was detected readily using this method.

結論:

TLを血管内に注入することで、マウスの脈絡膜および網膜血管系の正常およびアブレーションを迅速かつ簡便な方法で確実に標識することができます。

Conclusions: TL injection intravascularly can reliably label normal and ablated choroid and retinal vasculature in mouse in a quick, simple manner.

トランスレーショナルな関連性:

これらのデータは、加齢黄斑変性症、糖尿病、その他の虚血・血管新生過程など、治療評価にも利用可能な疾患のモデル化に役立つと考えられます。

Translational Relevance: These data will help to facilitate modeling in rodents for diseases such as age-related macular degeneration, diabetes, and other ischemic/angiogenic processes that can also be used for treatment evaluation.

Copyright 2020 The Authors.