会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

共焦点顕微鏡免疫組織化学によるヒト網膜の微細構造の解明 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Br. J. Biomed. Sci..2020 Jul;:1-7. 10.1080/09674845.2020.1776586. doi: 10.1080/09674845.2020.1776586.Epub 2020-07-17.

共焦点顕微鏡免疫組織化学によるヒト網膜の微細構造の解明

Fine structure of the human retina defined by confocal microscopic immunohistochemistry.

  • R Zhang
  • X Zhang
  • F Hu
  • J Wu
PMID: 32498649 DOI: 10.1080/09674845.2020.1776586.

抄録

はじめに:

網膜および網膜下細胞の複雑な層の病態生理に関する研究は、特定の細胞や組織の認識が不十分なために妨げられています。網膜組織を認識する抗体の包括的なパネルが不足しています。我々の目的は、ヒト網膜の様々な細胞を標識する抗体のパネルの価値を決定することでした。

INTRODUCTION: Research in to the pathophysiology of the complex layers of retinal and sub-retinal cells is hampered by inadequate recognition of particular cells and tissues. A comprehensive panel of antibodies recognising retinal tissues is lacking. Our purpose was to determine the value of a panel of antibodies labelling various cells in the human retina.

方法:

5つのグループの抗体は、網膜の凍結切片を標識しました。(1)プロテインキナーゼC-α、グルタミン合成酵素(GS)およびイオン化カルシウム結合アダプター分子1(Iba1)、(2)パルバルブミン、カレチニンおよびグリアフィブリル酸性タンパク質(GFAP)、(3)Thy1、GSおよびIba1、(4)ロドプシン、GSおよびIba1、(5)Brn3a、ロドプシンおよびプロテインキナーゼC-αである。これらの抗原の分布を共焦点顕微鏡で測定し、網膜の各層における各抗体のグレー値をImage Jで算出した。

METHOD: Five groups of antibodies labelled frozen sections of retinas: (1) protein kinase C-α, Glutamine Synthetase (GS) and ionized calcium-binding adapter molecule 1 (Iba1); (2) Parvalbumin, Calretinin and glial fibrillary acidic protein (GFAP); (3) Thy1, GS and Iba1; (4) Rhodopsin, GS and Iba1; and (5) Brn3a, Rhodopsin and protein kinase C-α. The distribution of these antigens were determined by confocal microscopy and calculated grey value of each antibody in each layer of the retina by Image J.

結果:

異なる抗体は、特定の網膜層を決定しました。Thy 1は神経節細胞層の優れた決定因子であり、GSは視細胞層を除くすべての層に存在しています。Brn3aは神経節細胞層に特異的で、パルバルブミンは神経節細胞層と外側の叢状層をマークします。ロドプシンは光受容体層を強くマークしますが、これもGFAPによって弱くマークされます。

RESULTS: Different antibodies determined certain retinal layers. Thy 1 is a good determinant of the ganglion cell layer, whilst GS is present in all layers except the photoreceptor layer. Brn3a is specific for the ganglion cell layer whilst parvalbumin marks the ganglion cell layer and the outer plexiform layer. Rhodopsin strongly marks the photoreceptor layer, but this is also marked weakly by GFAP.

結論:

ヒト網膜細胞の多重標識は、これらの細胞の生物学的特徴と機能についての理解をさらに深め、疾患におけるそれらの可能性のある役割についての理論的基礎を提供する。ヒト網膜研究の成長分野において、我々のデータは、ヒト網膜の将来の研究のための参照点を提供する可能性があります。

CONCLUSION: The multiple labelling of human retinal cells brings further understanding of the biological characteristics and functions of these cells, and provides a theoretical basis for their possible role in diseases. In the growing field of human retina research, our data may provide a point of reference for future studies of the human retina.