国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ハワイ州の小児患者における播種性猫ひっかき病 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Hawaii J Health Soc Welf.2020 May;79(5 Suppl 1):64-70.

ハワイ州の小児患者における播種性猫ひっかき病

Disseminated Cat Scratch Disease in Pediatric Patients in Hawai'i.

  • Scarlett Carmen Johnson
  • Jessica Kosut
  • Natascha Ching
PMID: 32490388 PMCID: PMC7260883.

抄録

猫ひっかき病は、リンパ節腫脹、発熱、倦怠感、食欲不振、頭痛などの非特異的な症状を伴う一般的に良性の自己治癒性疾患として知られています。しかし、肝臓や脾臓の微小膿瘍、骨髄炎、脳炎、ブドウ膜炎など、広範囲の症状を伴う播種性疾患を引き起こすこともある。ハワイの単一のセンターで行われた猫ひっかき病の播種性小児症例18例を報告している。この症例シリーズは、疾患の認識と適切な診断ツールの使用、および疾患管理の重要性を強調している。ハワイ州における播種性猫ひっかき病の小児患者の疾患負荷は高く、発熱性疾患が長期化している小児患者には注意が必要である。

Cat scratch disease is known to be a generally benign, self-resolving illness associated with non-specific symptoms, including lymphadenopathy, fever, fatigue, anorexia, and headaches. However, it can also cause disseminated disease with a wide range of manifestations, including liver and spleen microabscesses, osteomyelitis, encephalitis, and uveitis. Eighteen pediatric cases of disseminated cat scratch disease at a single center in Hawai'i are described. This case series emphasizes the importance of disease recognition and use of appropriate diagnostic tools and disease management. The disease burden of pediatric patients with disseminated cat scratch disease in the state of Hawai'i has a high incidence and should be considered in pediatric patients with prolonged febrile illnesses.

©Copyright 2020 by University Health Partners of Hawai‘i (UHP Hawai‘i).