国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

慢性中耳炎患者の側頭骨における蝸牛および前庭神経節ニューロンの定量的評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Arch Otorhinolaryngol.2020 Jun;10.1007/s00405-020-06094-5. doi: 10.1007/s00405-020-06094-5.Epub 2020-06-01.

慢性中耳炎患者の側頭骨における蝸牛および前庭神経節ニューロンの定量的評価

Quantitative assessment of cochlear and vestibular ganglion neurons in temporal bones with chronic otitis media.

  • Rafael da Costa Monsanto
  • Norma de Oliveira Penido
  • Mio Uchiyama
  • Patricia Schachern
  • Michael M Paparella
  • Sebahattin Cureoglu
PMID: 32488375 DOI: 10.1007/s00405-020-06094-5.

抄録

目的:

本研究では、COMがスパイラル神経節およびスカルパ神経節ニューロンの喪失につながるかどうかを明らかにすることを目的とした。

PURPOSE: In this study, we aimed to determine whether or not COM leads to loss of spiral and Scarpa ganglion neurons.

方法:

ミネソタ大学のヒト側頭骨(HTB)コレクションから、中耳に臨床的に難治性の組織異常(胆汁腺腫、鼓膜穿孔、肉芽組織、線維化、鼓膜硬化症、コレステロール肉芽腫)が存在すると定義されたCOMを有するヒト側頭骨を選択した。また、コントロールとして耳の疾患のないドナーからHTBを選択した。螺旋神経節細胞とスカルパ神経節細胞の数を定量的に分析し、対照群と試験群で得られた結果を比較した。

METHODS: From the human temporal bone (HTB) collection at the University of Minnesota we selected human temporal bones with COM, defined as the presence of clinically intractable tissue abnormalities in the middle ear (cholesteatoma, perforation of the eardrum, granulation tissue, fibrosis, tympanosclerosis, and cholesterol granuloma). We also selected HTBs from donors with no ear diseases as controls. We quantitatively analyzed the number of spiral and Scarpa ganglion cells and compared the results obtained in the control and study groups.

結果:

COM群と対照群の両方において、年齢とらせん状神経節(R=-0.632; P<0.001; 95% CI -0.766-0.434)およびスカルパ神経節(R=-0.404; P=0.008; 95% CI -0.636-0.051)の細胞数との間に有意な負の相関関係が観察された。COM群では、コントロール群と比較して、らせん状神経節細胞の数(全体またはセグメントごとの数)およびScarpa神経節細胞の密度(各前庭神経またはその両方)に有意な差は認められなかった(P>0.05)。

RESULTS: In both COM and control groups we observed a significant negative correlation between age and number of both spiral (R = -0.632; P < 0.001; 95% CI - 0.766 to - 0.434) and Scarpa ganglion (R = - 0.404; P = 0.008; 95% CI - 0.636 to - 0.051) cells. We did not find any significant differences in the number of spiral ganglion cells (in total or per segment) or in the density of Scarpa ganglion cells (in each vestibular nerve or both) in the COM group as compared with controls (P > 0.05).

結論と関連性:

我々の結果は、対照群と比較して、COMを持つHTBでは蝸牛や前庭末梢神経節ニューロンの有意な損失を示さなかった。

CONCLUSIONS AND RELEVANCE: Our results did not demonstrate significant loss of cochlear or vestibular peripheral ganglion neuron loss in HTBs with COM as compared with controls.