会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

出生間隔の長さ別にみた産後避妊薬使用と関連する因子の人口ベースの研究. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
South. Med. J..2020 06;113(6):285-291. SMJ50795. doi: 10.14423/SMJ.0000000000001107.

出生間隔の長さ別にみた産後避妊薬使用と関連する因子の人口ベースの研究.

A Population-Based Study of Factors Associated with Postpartum Contraceptive Use by Birth Interval Length.

  • Larissa R Brunner Huber
  • Kenesha Smith
  • Wei Sha
  • Liang Zhao
  • Tara Vick
  • Tasha L Gill
PMID: 32483638 DOI: 10.14423/SMJ.0000000000001107.

抄録

目的:

本研究の目的は、妊娠リスク評価・モニタリングシステムから得られた集団ベースのデータを用いて、出産間隔が短い女性および中等度から長度の女性における出産後の避妊使用に関連する因子を評価することであった。

OBJECTIVE: The purpose of this study was to evaluate factors associated with postpartum contraceptive use among women with short and moderate-to-long birth intervals using population-based data from the Pregnancy Risk Assessment and Monitoring System.

方法:

ミシシッピ州とテネシー州のみが、妊娠リスク評価・モニタリングシステムの調査に出産間隔の長さに関する質問を含んでいるため、この分析は、この変数に関する情報を報告したこれらの州の女性に限定した(N = 2198)。出産後の避妊方法に関する情報を含む人口統計学的、ライフスタイル、および生殖に関するデータは、調査および出生証明書から入手した。ロジスティック回帰を用いてオッズ比(OR)および95%信頼区間(CI)を求めた。

METHODS: Because only Mississippi and Tennessee include a question about birth interval length on their Pregnancy Risk Assessment and Monitoring System survey, this analysis was limited to women from those states who reported information on this variable (N = 2198). Demographic, lifestyle, and reproductive data, including information on postpartum contraceptive use, were obtained from surveys and birth certificates. Logistic regression was used to obtain odds ratios (ORs) and 95% confidence intervals (CIs).

結果:

90%近くの女性が現在、分娩後の期間に避妊具を使用していると報告した。無調整モデルでは、出産間隔の短い女性では、妊娠中のアルコール摂取と産後避妊の使用との関連はなかった(OR 1.03、95%CI 0.15-7.31);しかしながら、妊娠中の喫煙は産後避妊の使用のオッズの低下と関連していた(OR 0.70、95%CI 0.25-1.96)。出生間隔が中等度から長めの女性では、妊娠中のアルコール使用は減少したオッズ(OR 0.71、95%CI 0.28-1.80)と関連し、妊娠中の喫煙は産後避妊の使用のオッズ(OR 1.18、95%CI 0.60-2.30)の増加と関連していた。出生間隔の長さにかかわらず、健康保険に加入していない女性は、健康保険に加入している女性と比較して、産後の避妊具使用のオッズが減少していた(短い出産間隔。OR 0.89、95%CI 0.32-2.49および中等度から長度の出産間隔。OR 0.85、95%CI 0.52-1.39)。)出生間隔が短い女性のうち、ヒスパニック系でない黒人女性は産後避妊使用のオッズが減少し(OR 0.14、95% CI 0.03-0.64)、未婚または早産の既往歴のある女性は産後避妊使用のオッズが増加した(未婚。OR 5.81、95%CI 1.26-26.69、早産。交絡因子を調整した後、それぞれOR 4.19、95%CI 1.42-12.37)。出生間隔が中等度から長めの女性において、ヒスパニック系/混血/その他と同定された人は、調整後に産後避妊具使用のオッズが統計学的に有意に減少した(OR 0.43、95%CI 0.18-0.99)。

RESULTS: Nearly 90% of women reported currently using a form of contraception during the postpartum period. In the unadjusted model, among women with short birth intervals, there was no association between alcohol consumption during pregnancy and postpartum contraceptive use (OR 1.03, 95% CI 0.15-7.31); however, smoking during pregnancy was associated with a decreased odds of postpartum contraceptive use (OR 0.70, 95% CI 0.25-1.96). Among women with moderate-to-long birth intervals, alcohol use during pregnancy was associated with a decreased odds (OR 0.71, 95% CI 0.28-1.80) and smoking during pregnancy was associated with an increased odds (OR 1.18, 95% CI 0.60-2.30) of postpartum contraceptive use. Regardless of birth interval length, women with no health insurance had a decreased odds of postpartum contraceptive use when compared with women with health insurance (short birth interval: OR 0.89, 95% CI 0.32-2.49 and moderate-to-long birth interval: OR 0.85, 95% CI 0.52-1.39). Among women with short birth intervals, non-Hispanic black women had a decreased odds of postpartum contraceptive use (OR 0.14, 95% CI 0.03-0.64) and women who were unmarried or had a history of preterm delivery had an increased odds of postpartum contraceptive use (unmarried: OR 5.81, 95% CI 1.26-26.69 and preterm delivery: OR 4.19, 95% CI 1.42-12.37, respectively) after adjustment for confounders. Among women with moderate-to-long birth intervals, individuals who identified as Hispanic/mixed race/other had a statistically significant decreased odds of postpartum contraceptive use after adjustment (OR 0.43, 95% CI 0.18-0.99).

結論:

所見は、出産間隔の長さにかかわらず、すべての女性が産後に受診することの重要性を強調しています。一部の女性グループでは、出産間隔の近い女性や意図しない妊娠を防ぐために避妊薬を使用することの重要性について、追加のカウンセリングが必要な場合があります。

CONCLUSIONS: Findings underscore the importance of postpartum medical visits for all women, regardless of birth interval length. Certain groups of women may need additional counseling regarding the importance of using contraceptives to prevent another closely spaced or unintended pregnancy.