国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

トリクロカルバンへの胎内および授乳期の曝露。雄性ラットの子孫の生殖パラメータの年齢に関連した変化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Toxicol. Appl. Pharmacol..2020 May;401:115077. S0041-008X(20)30201-5. doi: 10.1016/j.taap.2020.115077.Epub 2020-05-29.

トリクロカルバンへの胎内および授乳期の曝露。雄性ラットの子孫の生殖パラメータの年齢に関連した変化

In utero and lactational exposure to triclocarban: Age-associated changes in reproductive parameters of male rat offspring.

  • Nathália Orlandini Costa
  • Simone Forcato
  • Andreza Manzato Cavichioli
  • Marina Rangel Ferro Pereira
  • Daniela Cristina Ceccatto Gerardin
PMID: 32479917 DOI: 10.1016/j.taap.2020.115077.

抄録

トリクロカルバン(TCC)は抗菌性化合物であり、石鹸、歯磨き粉、シャンプーなどのパーソナルケア製品に広く使用されている。この物質は排水処理によって不完全に除去され、環境汚染物質となっています。研究によると、TCCはいくつかの内分泌かく乱と関連していることが示されている。In vitroでは、TCCは強力なアンドロゲン増強活性とアロマターゼ阻害作用を示した。この意味で、発育の重要な時期(妊娠期と授乳期)に曝露すると、子孫の健康に悪影響を及ぼす可能性がある。したがって、本研究では、TCCの3つの異なる用量への母親の暴露は、男性の子孫の生殖パラメータに干渉する可能性があるかどうかを評価した。妊娠中の雌のWistarラットを4群に分けた:ビヒクルコントロール(CTR)、TCC 0.3mg/kg(TCC 0.3)、TCC 1.5mg/kg(TCC 1.5)、TCC 3.0mg/kg(TCC 3.0)。妊娠0日目から授乳21日目まで毎日経口投与した。雄は乳児期(PND 21)、思春期(PND 50)、成人期(PND 90-120)の異なるタイムポイントで評価した。精巣とテストステロンレベルの組織形質分析は、PND 21、50、120で評価した。TCC3.0群では、PND21において精巣間質容積の減少とテストステロンレベルの上昇が認められた。さらに、PND50では精巣間質容積の減少とテストステロン値の上昇が認められ、成人期には性的能力の低下が認められた。これらの結果は、ヒトに関連する量のTCCへの曝露が生殖を阻害し、ヒトの健康に影響を及ぼす可能性があることを示唆している。

Triclocarban (TCC) is an antimicrobial compound, widely used in personal care products, such as soaps, toothpaste, and shampoo. This agent is incompletely removed by wastewater treatment and represents an environmental contaminant. Studies show that TCC has been associated with some endocrine disruptions. In vitro, TCC demonstrated potent androgen-augmenting activity and aromatase inhibition. In this sense, exposure during critical periods of development (gestation and lactation) could lead to some adverse health outcomes in offspring. Therefore, the present study evaluated if maternal exposure to three different doses of TCC could interfere in the reproductive parameters of male offspring. Pregnant female Wistar rats were separated into four groups: vehicle Control (CTR); TCC 0.3 mg/kg (TCC 0.3); TCC 1.5 mg/kg (TCC 1.5); TCC 3.0 mg/kg (TCC 3.0). Dams were treated daily by oral gavage from gestational day 0 to lactational day 21. The males were evaluated in different timepoint: infancy (PND 21), puberty (PND 50) and adult life (PND 90-120). The histomorphometric analysis of testis and testosterone level were assessed on PND 21, 50, 120; sexual behavior and sperm parameters at adulthood. In the TCC 3.0 group, a decrease in the testis interstitial volume and an increase in testosterone levels were observed on PND 21. Moreover, there was a decrease in the diameter of the seminiferous tubules on PND 50, and a decrease in sexual competency in adulthood. These results suggest that exposure to a human relevant dose of TCC may interfere with reproduction and could have implications for human health.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.