会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

クラスIIバルクフィル樹脂系複合材料の限界適応性と内部硬さ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Dent.2020 Jun;33(3):145-150.

クラスIIバルクフィル樹脂系複合材料の限界適応性と内部硬さ

Marginal adaptation and internal indentation resistance of a Class II bulk-fill resin-based composite.

  • Mohamed A El Naga
  • Fang Qian
  • Gerald E Denehy
  • Ryan L Quock
  • Steven R Armstrong
PMID: 32470240

抄録

目的:

バルクフィルと従来のレジン系コンポジット(RBC)をバルクとインクリメントの両方に配置した場合の象牙質結合外縁完全性と内表面の圧痕硬度を比較する。

PURPOSE: To compare the dentin bonded external marginal integrity and the internal surface indentation hardness of bulk-fill and conventional resin-based composite (RBC) placed in both bulk and increments.

方法:

抜歯したヒト第三大臼歯60本について、120本のMOおよびDOの虫歯を作製した。各グループ15本の歯を無作為に4つのグループに分け、以下のように修復を行った。BB(バルクフィルRBC、4mmの増分に配置)、BL(バルクフィルRBC、2mmの増分に配置)、CB(従来型RBC、4mmの増分に配置)、およびCL(従来型RBC、2mmの増分に配置)であった。エポキシ樹脂レプリカの走査型電子顕微鏡を用いて、各歯の中隔および遠位象牙質の歯肉空洞表面で限界ギャップを測定し、3つの異なるRBCの深さ(1.8、2.8および3.8mm)でKnoop硬度(KHN)を測定した。統計解析には、必要に応じて、ポストホックTukeyのHSDを用いた一方向ANOVA、および対をなす標本のt検定、またはノンパラメトリックWilcoxonの符号付き順位検定を用いた。

METHODS: 120 MO and DO cavities were prepared in 60 extracted human third molars. The teeth were randomly divided into four groups of 15 teeth per group to be restored as follows: BB (bulk-fill RBC, placed in a 4 mm bulk increment), BL (bulk-fill RBC, placed in 2 mm incremental layers), CB (conventional RBC, placed in a 4 mm bulk increment), and CL (conventional RBC, placed in 2 mm incremental layers). Marginal gaps were measured at mesial and distal dentin gingival cavosurfaces of each tooth using scanning electron microscopy of epoxy resin replicas and Knoop hardness (KHN) was measured at three different RBC depths (1.8, 2.8 and 3.8 mm). Statistical analyses included one-way ANOVA with post-hoc Tukey's HSD, and paired-sample t-test or a nonparametric Wilcoxon signed-rank test, as appropriate.

結果:

試験した4つのグループ間では、遠位表面または中位表面の外縁ギャップにRBC修復タイプの有意な影響は見られなかった(各実施例においてP> 0.05)が、グループ内では中位表面と遠位表面の間に外縁ギャップに有意な差は見られなかった(各実施例においてP> 0.05)。深さ1.8mmにおけるRBC内面KHNの平均値は、試験したすべてのグループにおいて、深さ2.8mmおよび3.8mmの場合よりも有意に大きく(すべてのインスタンスにおいてP<0.05)、すべてのグループ間で同様の平均内面硬さを示した。バルクフィルRBC修復物は、本研究の条件下で、従来のユニバーサルRBC修復物と同様のマージナルギャップ形成およびKnoop硬度を示した。

RESULTS: There was no significant effect of RBC restoration type on external marginal gap at the distal surface or at the mesial surface among the four groups tested (P> 0.05 in each instance), while no significant difference in external marginal gap was found between the mesial and distal surfaces within groups (P> 0.05 in each instance). The mean RBC internal surface KHN at 1.8 mm depth was significantly greater than at 2.8 mm and 3.8 mm depths in all tested groups (P< 0.05 for all instances), with a similar mean internal hardness between all groups. The bulk-fill RBC restorations demonstrated similar marginal gap formation and Knoop hardness to conventional universal RBC restorations under the conditions of this study.

臨床的意義:

バルクフィル樹脂系複合材料(RBC)は、限界適応性と内部硬度の観点から、従来のRBCの代替材料として適している可能性がある。

CLINICAL SIGNIFICANCE: Bulk-fill resin-based composite (RBC), from the perspective of marginal adaptation and internal hardness, may be a suitable alternative to conventional RBC.

Copyright©American Journal of Dentistry.