会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ウガンダにおけるビタミンA欠乏と幼児期の発育阻害との関連。集団ベースの横断的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(5):e0233615. PONE-D-19-28486. doi: 10.1371/journal.pone.0233615.Epub 2020-05-29.

ウガンダにおけるビタミンA欠乏と幼児期の発育阻害との関連。集団ベースの横断的研究

Association of vitamin A deficiency with early childhood stunting in Uganda: A population-based cross-sectional study.

  • Paddy Ssentongo
  • Djibril M Ba
  • Anna E Ssentongo
  • Claudio Fronterre
  • Andrew Whalen
  • Yanxu Yang
  • Jessica E Ericson
  • Vernon M Chinchilli
PMID: 32470055 PMCID: PMC7259702. DOI: 10.1371/journal.pone.0233615.

抄録

背景:

サハラ以南のアフリカでは、小児期の蛋白質-エネルギー栄養不良とビタミンA欠乏症の有病率が高いにもかかわらず、この地域ではこれらの関連性は調査されていない。疫学的な関連性をよりよく理解することは、効果的な予防戦略の策定に役立つ可能性がある。我々は、ウガンダの未就学児におけるビタミンA欠乏症(VAD)と発育阻害、衰弱、低体重との関連を調査することを目的とした。

BACKGROUND: Despite the high prevalence of childhood protein-energy malnutrition and vitamin A deficiency in sub-Saharan Africa, their association has not been explored in this region. A better understanding of the epidemiologic link could help define effective preventive strategies. We aimed to explore the association of vitamin A deficiency (VAD) with stunting, wasting, and underweight among preschool children in Uganda.

方法:

ウガンダで実施された2016年人口動態・健康調査に参加した生後6~59カ月の子ども4,765人を対象とした集団ベースの横断的データを分析した。我々は、ロジットリンク関数を用いた一般化線形混合効果モデルを利用し、潜在的な交絡因子を調整して、VADと発育阻害、衰弱、低体重との関連を推定した。

METHOD: We analyzed a population-based, cross-sectional data of 4,765 children aged 6-59 months who participated in 2016 Demographic and Health Surveys conducted in Uganda. We utilized generalized linear mixed-effects models with logit link function, adjusting for potential confounders to estimate associations between VAD and stunting, wasting, and underweight.

結果:

ビタミンA欠乏症の有病率は8.9%(95%CI:8.1%~9.6%、n = 424)であった。27%が発育不良(95%CI:26.1%~28.6%、n=1302)、4%が消耗性(95%CI:3.6%~4.7%、n=196)、17%が低体重(95%CI:16.0%~18.2%、n=813)であった。世帯要因(例えば、富裕度指数、両親の教育および就労状況、農業用の土地、家畜、牧草地、または農場動物の所有)、ビタミンA補給、および地域社会要因(例えば、人口密度、作物の生育期の長さ、居住地)を調整した後、VADを有する子どもは、VADを有しない子どもに比べて発育阻害のオッズが43%高かった(調整オッズ比、1.43(95%CI:1.08~1.89、p=0.01))。VADと衰弱または低体重との間には関連は認められなかった。

RESULTS: The prevalence of VAD was 8.9% (95% CI: 8.1% to 9.6%, n = 424). Twenty-seven percent were stunted (95% CI: 26.1% to 28.6, n = 1302), 4% wasted (95% CI: 3.6% to 4.7%, n = 196), and 17% underweight (95% CI: 16.0% to 18.2%, n = 813). After adjusting for household factors (e.g., wealth index, education and working status of parents, owning land for agriculture, livestock, herds, or farm animals), vitamin A supplementation, and community factors (e.g., population density, crop growing season lengths, place of residence), children with VAD had 43% higher odds of stunted growth than those without VAD (adjusted odds ratio, 1.43 (95% CI: 1.08 to 1.89, p = 0.01). No association was observed between VAD and wasting or underweight.

結論:

ビタミン A の欠乏は,発育阻害の高いオッズと関連しており,この関連は個人,世帯,地域レベルの変数とは独立していた.

CONCLUSION: Vitamin A deficiency was associated with higher odds of stunting, and the association was independent of the individual, household, and community-level variables.