会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

農村や農業環境における全地形車の傷害の緊急公衆衛生の懸念を評価する。米国における利用可能な全国データセットの初期レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JMIR Public Health Surveill.2020 May;6(2):e15477. v6i2e15477. doi: 10.2196/15477.Epub 2020-05-29.

農村や農業環境における全地形車の傷害の緊急公衆衛生の懸念を評価する。米国における利用可能な全国データセットの初期レビュー

Assessing the Emergent Public Health Concern of All-Terrain Vehicle Injuries in Rural and Agricultural Environments: Initial Review of Available National Datasets in the United States.

  • Bryan Weichelt
  • Serap Gorucu
  • Charles Jennissen
  • Gerene Denning
  • Stephen Oesch
PMID: 32469319 PMCID: PMC7293057. DOI: 10.2196/15477.

抄録

背景:

オールテレーン車(ATV)を含むオフロード車(ORV)の運転に関連した負傷は、特に農村部や農業環境において、公衆衛生上の重要な関心事であり続けている。米国だけでも、ATVはここ数十年で何千人もの死亡者と何百万人もの負傷者を出しています。しかし、これらのデータを一貫して把握している連邦政府の集中監視システムは知られていない。従来の傷害データのソースには、調査、警察の報告書、外傷登録、救急部門のデータ、新聞やオンラインメディアの報告書、州や連邦機関のデータベースなどがある。

BACKGROUND: Injuries related to the operation of off-road vehicles (ORVs), including all-terrain vehicles (ATVs), continue to be a significant public health concern, especially in rural and agricultural environments. In the United States alone, ATVs have played a role in thousands of fatalities and millions of injuries in the recent decades. However, no known centralized federal surveillance system consistently captures these data. Traditional injury data sources include surveys, police reports, trauma registries, emergency department data, newspaper and online media reports, and state and federal agency databases.

目的:

この研究論文の目的は、(1)大規模なデータベースを使用したORV関連の死傷事故に関する発表論文を特定し、使用されたデータセットの種類を特定すること、(2)ORV関連の死傷事故を記録している米国の全国的な監視システムを調査して説明すること、(3)連邦政府が資金を提供する農業分野の死傷事故監視システムの設立を促進し、支援することである。

OBJECTIVE: The objectives of this study paper were to (1) identify published articles on ORV-related injuries and deaths that used large databases and determine the types of datasets that were used, (2) examine and describe several national US-based surveillance systems that capture ORV-related injuries and fatalities, and (3) promote and provide support for the establishment of a federally-funded agricultural injury surveillance system.

方法:

本研究では、ウェブベースのAgInjuryNews、Fatality Analysis Reporting System、米国消費者製品安全委員会が編集したデータベース、National Fatality Review Case Reporting Systemなど、米国を拠点とする複数の全国的な傷害データセットを調査した。

METHODS: In this study, we examined several national United States-based injury datasets, including the web-based AgInjuryNews, the Fatality Analysis Reporting System, databases compiled by the US Consumer Product Safety Commission, and the National Fatality Review Case Reporting System.

結果:

私たちのレビューでは、これらのデータソースでは、事故の全体像や、ORVによる人身事故防止の取り組みを効果的に伝えるために必要な状況的な詳細を提供することができないことがわかった。これは、特に農業生産におけるORV関連の傷害に関して当てはまる。

RESULTS: Our review found that these data sources cannot provide a complete picture of the incidents or the circumstantial details needed to effectively inform ORV injury prevention efforts. This is particularly true with regard to ORV-related injuries in agricultural production.

結論:

我々は、連邦政府から資金提供を受けた全国農業事故サーベイランスシステムの確立を奨励する。しかし、これに代えて、ORVやその他の農業関連の負傷者や死亡者をより完全に把握するためには、複数のデータソースを利用することが必要である。

CONCLUSIONS: We encourage the establishment of a federally funded national agricultural injury surveillance system. However, in lieu of this, use of multiple data sources will be necessary to provide a more complete picture of ORV- and other agriculture-related injuries and fatalities.

©Bryan Weichelt, Serap Gorucu, Charles Jennissen, Gerene Denning, Stephen Oesch. Originally published in JMIR Public Health and Surveillance (http://publichealth.jmir.org), 29.05.2020.