会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

喉頭癌におけるmiR-122aとmiR-3195の発現と喉頭癌細胞Hep-2の増殖とアポトーシスへの影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Adv Clin Exp Med.2020 May;29(5):525-534. doi: 10.17219/acem/118848.

喉頭癌におけるmiR-122aとmiR-3195の発現と喉頭癌細胞Hep-2の増殖とアポトーシスへの影響

Expressions of miR-122a and miR-3195 in laryngeal cancer and their effects on the proliferation and apoptosis of laryngeal cancer cell Hep-2.

  • Xingli Jiang
  • Zhiguang Gao
  • Linli Tian
  • Ming Liu
PMID: 32469167 DOI: 10.17219/acem/118848.

抄録

背景:

喉頭癌(LC)は頭頸部に発生する一般的な悪性腫瘍の一つであり、患者の生存率は低い。

BACKGROUND: Laryngeal cancer (LC) is one of the common malignant tumors in the head and neck area, and the survival rate for patients is low.

目的:

LC組織におけるmiR-122aおよびmiR-3195の発現、臨床病理学的特徴との相関、およびHep-2増殖およびアポトーシスへの影響を調べる。

OBJECTIVES: To investigate miR-122a and miR-3195 expressions in LC tissue, their correlations with clinicopathological features, and their impacts on Hep-2 proliferation and apoptosis.

材料と方法:

本研究では、30例のLCと20例の腹膜組織標本を解析し、miR-122a、miR-122a-陰性対照配列、miR-3195、miR-3195-NG配列を、それぞれmiR-122a-mimics群、miR-122a-NG群、miR-3195-mimics群、miR-3195-NG群でHep-2にトランスフェクションした。miR-122a-mimics-非導入群とmiR-3195-mimics-非導入群では、それぞれ非導入のHep-2を用いた。

MATERIAL AND METHODS: Thirty LC and 20 peritumoral tissue specimens were analyzed. miR-122a, miR-122a-negative control sequence, miR-3195, and miR-3195-NG sequence were transfected into Hep-2 in the miR-122a-mimics, miR-122a-NG, miR-3195-mimics, and miR-3195-NG groups, respectively. The miR-122a-mimics-non-transfected and miR-3195-mimics-non-transfected groups used non-transfected Hep-2.

結果:

LCでは腹膜組織よりもmiR-122a、miR-3195、オクルーディン蛋白質の発現が低く、TBX1蛋白質の発現が高かった;miR-122aレベルは臨床病期と関連していた(いずれもp<0.001)。miR-122aとmiR-3195、miR-122aとオクルーディン発現の間には正の相関が、miR-3195とTBX1発現の間には負の相関が観察された(r = 0.418、r = 0.541、r = -0.428、すべてp < 0.001)。2つの擬態群のmiR-122aおよびmiR-3195レベルは、それぞれNG群および非導入群と比較して増加した。24時間後の異なる時点では、2つの擬態群の光学濃度はNG群よりも低かった。miR-122a-mimics群ではオクルーディンレベルが上昇し、miR-3195-mimics群ではTBX1レベルが低下しており、両群ともNG群および非トランスフェクション群に比べてアポトーシス率が高かった(いずれもp<0.001)。

RESULTS: There were lower miR-122a, miR-3195 and occludin protein, and higher TBX1 protein expressions in LC than in the peritumoral tissue; the miR-122a level was associated with clinical stage (all p < 0.001). Positive correlations between miR-122a and miR-3195, and miR-122a and occludin expressions, and a negative correlation between miR-3195 and TBX1 expressions were observed (r = 0.418, r = 0.541, r = -0.428, all p < 0.001). The miR-122a and miR-3195 levels in the 2 mimics groups increased respectively compared to their NG and the non-transfected groups. At different time points after 24 h of transfection, the optical density in the 2 mimics groups was lower than in their NG groups. The miR-122a-mimics group had an increased occludin level and the miR-3195-mimics group had a decreased TBX1 level, and both groups had greater apoptosis rates than their NG groups and in the non-transfected groups (all p < 0.001).

結論:

miR-122aとmiR-3195は腫瘍抑制因子として作用し、LCの病態形成に関与している可能性がある。これらは、miR-122aによるオクルーディンのアップレギュレーションとmiR-3195によるTBX1の抑制により、Hep-2の増殖を抑制し、アポトーシスを促進すると考えられている。

CONCLUSIONS: miR-122a is associated with clinical stage. miR-122a and miR-3195 may act as tumor suppressors and play a role in LC pathogenesis. They can suppress Hep-2 proliferation and promote its apoptosis, probably owing to the upregulation of occludin by miR-122a and suppression of TBX1 by miR-3195.