会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

建物の築年数、室内暖房の種類、アレルギー性鼻炎・喘息の発生 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Postepy Dermatol Alergol.2020 Feb;37(1):81-85. 85288. doi: 10.5114/ada.2019.85288.Epub 2020-03-09.

建物の築年数、室内暖房の種類、アレルギー性鼻炎・喘息の発生

Building age, type of indoor heating and the occurrence of allergic rhinitis and asthma.

  • Barbara Piekarska
  • Konrad Furmańczyk
  • Stanisław Jaworski
  • Bożenna Stankiewicz-Choroszucha
  • Edyta Krzych-Fałta
  • Artur Z Białoszewski
  • Anna Kłak
  • Bolesław K Samoliński
PMID: 32467689 PMCID: PMC7247069. DOI: 10.5114/ada.2019.85288.

抄録

序章:

現代の建築物では、アレルギー性疾患の自然史に影響を及ぼす可能性のある要素として、構造材や室内設備機器がよく挙げられる。

Introduction: Structural materials and interior appliances are frequently mentioned as elements of modern buildings which may have an impact on the natural history of allergic diseases.

狙い目:

我々は、建物の築年数、暖房システムの種類、各種室内機器の使用が、アレルギー性鼻炎(AR)や喘息の発生に影響を与える可能性があるという仮説を立てた。

Aim: We hypothesized that the building age, the type of the heating system and the use of various indoor appliances can influence the occurrence of allergic rhinitis (AR) and asthma.

材料と方法:

研究グループは18,617人で構成されています。研究に使用したツールは、欧州共同体呼吸器健康調査(ECRHS)および国際小児喘息・アレルギー研究(ISAAC)調査票で、ヨーロッパの状況(中・東欧)に合わせたもので、「ポーランドにおけるアレルギー性疾患の予防と早期発見のためのシステムの実施」という研究の一環として使用されました。

Material and methods: The study group comprised 18,617 individuals. The tool used in the study was the European Community Respiratory Health Survey (ECRHS) and the International Study of Asthma and Allergies in Childhood (ISAAC) study questionnaire, adapted to European conditions (Middle and Eastern Europe) and used as part of the study called "Implementation of a System for the Prevention and Early Detection of Allergic Diseases in Poland".

結果:

アンケート調査の結果、1971年から1990年に建てられた住宅に住む人々は、アレルギー性鼻炎の発生率が高く(OR = 1.15025)、季節性アレルギー性鼻炎の発生率の増加(OR = 1.60543)という臨床所見と相関していることが示された。AR症状の激化に寄与した主な要因は、セントラルヒーティング(OR=1.45358)であった。ARとは対照的に、セントラルヒーティングのある建物に住んでいる人は、喘息を申告する頻度が低かった(OR = 0.8407)。臨床検査では、セントラルヒーティングが中等度喘息の症状を軽減することが確認された(OR = 0.3524)。

Results: Questionnaire results indicated that people living in homes built in the years 1971-1990 had higher rates of allergic rhinitis (OR = 1.15025), which was correlated with clinical findings of increased occurrence of seasonal allergic rhinitis (OR = 1.60543). The leading factor contributing to the intensification of AR symptoms was the central heating (OR = 1.45358). As opposed to AR, people living in buildings with central heating less often declared asthma (OR = 0.8407). A clinical examination confirmed that central heating reduced the symptoms of moderate asthma (OR = 0.3524).

結論:

築年数の増加と特定の室内暖房の種類がアレルギー性鼻炎・喘息の発生に重要な危険因子に

Conclusions: Increasing building age and certain indoor heating methods are important risk factors for the occurrence of allergic rhinitis and asthma.

Copyright: © 2020 Termedia Sp. z o. o.