会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

気胸手術におけるポリグリコール酸パッチの有効性に関する臨床研究:システマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Cardiothorac Surg.2020 May;15(1):117. 10.1186/s13019-020-01137-8. doi: 10.1186/s13019-020-01137-8.Epub 2020-05-27.

気胸手術におけるポリグリコール酸パッチの有効性に関する臨床研究:システマティックレビューとメタアナリシス

A clinical study of efficacy of polyglycolic acid patch in surgery for pneumothorax:a systematic review and meta-analysis.

  • Yuang Mao
  • Zulei Zhang
  • Weibiao Zeng
  • Wenxiong Zhang
  • Jianyong Zhang
  • Guangmiao You
  • Yiping Wei
PMID: 32460862 PMCID: PMC7251708. DOI: 10.1186/s13019-020-01137-8.

抄録

目的:

肺水疱切除術ではポリグリコール酸(PGA)パッチが使用されることが多いが、患者の回復に及ぼす効果についてはコンセンサスが得られていない。本研究の目的は,肺水疱切除術に対するポリグリコール酸の研究のシステマティックレビューとメタアナリシスを行うことである。

OBJECTIVES: A polyglycolic acid (PGA) patch is often used in pulmonary bullae resection, but consensus has not been reached on its effect on patient recovery. The aim of the study is to conduct a systematic review and meta-analysis of studies of polyglycolic acid for bullectomy.

方法:

ScienceDirect、EMBASE、Ovid MEDLINE、PubMed、The Cochrane Library、Scopus、Google Scholarを使用して包括的な文献検索を行った。摘出手術に対するPGAと非PGAを比較した臨床試験を選定した。臨床エンドポイントは術後再発、術後平均エアリーク、エアリークの延長、ドレナージチューブ抜去時間、術後入院期間とした。

METHODS: A comprehensive literature search was performed using ScienceDirect, EMBASE, Ovid MEDLINE, PubMed, The Cochrane Library, Scopus, and Google Scholar. Clinical trials that compared PGA versus non-PGA for bullectomy were selected. The clinical endpoints included postoperative recurrence, average postoperative air leakage, prolonged air leaks, drainage tube removal time, and postoperative hospital stay.

結果:

合計8本の論文(1095人の患者)が含まれていた。非PGAアプローチと比較して、PGAアプローチは術後再発率(95%信頼区間[CI]:0.16~0.39、p<0.00001)、)および長期化したエアリーク(95%CI:0.29~0.72、p=0.0007)が低かったことと関連していた。0007);ドレナージチューブ抜去時間の短縮(95%CI:-1.36~-0.13、p=0.02);術後平均空気漏れ時間、術後在院日数、手術時間は両群間で有意差は認められなかった。

RESULTS: A total of eight articles (1095 patients) were included. Compared to the non-PGA approach, the PGA approach was associated with lower rates of postoperative recurrence (95% confidence interval [CI]: 0.16 to 0.39, p < 0.00001),) and of prolonged air leaks (95% CI: 0.29 to 0.72, p = 0.0007); a shorter time of drainage tube removal (95% CI: - 1.36 to - 0.13, p = 0.02); The time of average postoperative air leakage, postoperative hospital stay and operative time did not show a significant difference between the two groups.

結論:

これらの結果は、PGAパッチの使用が自然気胸の術後再発を予防し、長期化した空気漏れの発生率を低下させる可能性を示唆している。この知見を確認するためには、より大規模で質の高い無作為化比較試験が必要である。

CONCLUSIONS: These results suggest that the use of PGA patch might can prevent the postoperative recurrence of spontaneous pneumothorax and decrease the rates of prolonged air leaks. More large-scale, high-quality randomized controlled trials are required to confirm our finding.