国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

と実験的に感染した犬のDNAワクチン治療 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Immunol Res.2020;2020:9794575. doi: 10.1155/2020/9794575.Epub 2020-05-05.

と実験的に感染した犬のDNAワクチン治療

DNA Vaccine Treatment in Dogs Experimentally Infected with .

  • Minerva Arce-Fonseca
  • Ana C Carbajal-Hernández
  • Mónica Lozano-Camacho
  • Silvia Del C Carrillo-Sánchez
  • Francisco-Javier Roldán
  • Alberto Aranda-Fraustro
  • José Luis Rosales-Encina
  • Olivia Rodríguez-Morales
PMID: 32455143 PMCID: PMC7222601. DOI: 10.1155/2020/9794575.

抄録

シャーガス病は寄生虫によって引き起こされる慢性疾患であり、有効な治療法はまだ開発されていない。本研究の目的は,実験的にシャーガス病を誘発した犬を対象に,遺伝子を含む治療用DNAワクチンの臨床,病理,免疫学的解析を行い,その有効性を明らかにすることである.ビーグル犬にH8株を感染させ、メタサイクリックトリポマスティゴート3500匹/体重kgで腹腔内投与した。感染後2週間後にプラスミドDNA免疫療法を15日間隔で3回実施した。臨床所見(身体所見およびキャビネット試験)、免疫学的所見(抗体およびサイトカインプロファイルおよびリンパ増殖)、マクロおよび顕微鏡的病理所見を記載した。免疫療法後にIgGおよび細胞増殖の有意な増加が記録され、pBCSSP4プラスミドで処置されたイヌにおいて最も高い刺激指数(3.02)が観察された。両プラスミドを用いた2回目の処置はIL-1の増加を誘導し、pBCSSP4プラスミドを用いた3回目の処置はIL-6の増加を誘導した。pBCSPプラスミドは高レベルのIFN-γおよびTNF-αによって制御された良好なTh1応答を有していたが、2つのプラスミドの組み合わせは相乗効果を有さなかった。心電図検査では、治療用ワクチンを投与された各群で異常が少なく、異常のある個体数が最も少なかったことが示された。心エコーグラムでは、pBCSSP4プラスミド免疫療法は心臓の構造と機能をより広範囲に保存し、心肥大を予防することが示された。2つのプラスミド単独では、心臓組織の炎症性浸潤が減少することで、感染を中等度にコントロールした。免疫療法は心臓病変の大きさを減少させ、細胞性免疫応答を調節することができた;pBCSP治療は明らかなTh1応答を示し、pBCSSP4はバランスのとれたTh1/Th2免疫応答を誘導し、重度の心臓病変を予防した。pBCSSP4プラスミドは、この研究で評価されたパラメータのほとんどに対してより良い効果を示した;したがって、このプラスミドは、自然感染した犬におけるシャーガス病に対する任意の治療法と考えることができる。

Chagas disease is a chronic and potentially lethal disorder caused by the parasite , and an effective treatment has not been developed for chronic Chagas disease. The objective of this study was to determine the effectiveness of a therapeutic DNA vaccine containing genes in dogs with experimentally induced Chagas disease through clinical, pathological, and immunological analyses. Infection of Beagle dogs with the H8 strain was performed intraperitoneally with 3500 metacyclic trypomastigotes/kg body weight. Two weeks after infection, plasmid DNA immunotherapy was administered thrice at 15-day intervals. The clinical (physical and cabinet studies), immunological (antibody and cytokine profiles and lymphoproliferation), and macro- and microscopic pathological findings were described. A significant increase in IgG and cell proliferation was recorded after immunotherapy, and the highest stimulation index (3.02) was observed in dogs treated with the pBCSSP4 plasmid. The second treatment with both plasmids induced an increase in IL-1, and the third treatment with the pBCSSP4 plasmid induced an increase in IL-6. The pBCSP plasmid had a good Th1 response regulated by high levels of IFN-gamma and TNF-alpha, whereas the combination of the two plasmids did not have a synergistic effect. Electrocardiographic studies registered lower abnormalities and the lowest number of individuals with abnormalities in each group treated with the therapeutic vaccine. Echocardiograms showed that the pBCSSP4 plasmid immunotherapy preserved cardiac structure and function to a greater extent and prevented cardiomegaly. The two plasmids alone controlled the infection moderately by a reduction in the inflammatory infiltrates in heart tissue. The immunotherapy was able to reduce the magnitude of cardiac lesions and modulate the cellular immune response; the pBCSP treatment showed a clear Th1 response; and pBCSSP4 induced a balanced Th1/Th2 immune response that prevented severe cardiac involvement. The pBCSSP4 plasmid had a better effect on most of the parameters evaluated in this study; therefore, this plasmid can be considered an optional treatment against Chagas disease in naturally infected dogs.

Copyright © 2020 Minerva Arce-Fonseca et al.