国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

トマトの落花生芽壊死ウイルスに対する担子菌の抗ウイルス活性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pestic Biochem Physiol.2020 Jun;166:104570. S0048-3575(20)30065-1. doi: 10.1016/j.pestbp.2020.104570.Epub 2020-04-23.

トマトの落花生芽壊死ウイルスに対する担子菌の抗ウイルス活性

Antiviral activity of basidiomycetous fungi against Groundnut bud necrosis virus in tomato.

  • B Sangeetha
  • A S Krishnamoorthy
  • P Renukadevi
  • V G Malathi
  • D Jeya Sundara Sharmila
  • D Amirtham
PMID: 32448423 DOI: 10.1016/j.pestbp.2020.104570.

抄録

トマトは落花生の芽壊死ウイルス(GBNV)の影響を強く受ける重要な野菜作物です。これまでGBNVによる壊死病の管理に有効な抗ウイルス剤は報告されていない。そこで、担子菌であるCoprinopsiscinerea、Ganoderma lucidum、Lentinula edodesの培養液を用いてGBNVによる壊死病の管理を行うことを目的とした研究を行った。指標宿主ササゲと一次宿主トマトを防虫条件下のグラスハウス内でインビトロ試験を実施したところ,0.1%濃度の甘皮菌培養液を共接種した場合,指標宿主ササゲでは対照と比較して病変数が減少し,ウイルス集団の蓄積が77.83%まで抑制された。また、DAC-ELISA試験によりウイルス力価を定量したところ、G. lucidum処理したサササゲの培養液の405nmでのOD値が0.17±0.01、トマトでは0.14±0.01の共接種でウイルス力価が低下していた。ウイルスコピー数はqPCRで定量した。その結果、G. lucidum(共接種)で処理したトマト株では約2.0×10のウイルスコピー数が観察され、無処理の対照株(2.4×10)よりも少なかった。また、G. lucidumの抗ウイルス性を明らかにするため、GCMS分析を行い、トリテルペノイド化合物であるSqualeneを発見した。これは、植物ウイルスに対するG. lucidumの抗ウイルス活性を解析し、確認した初めての研究である。

Tomato is an important vegetable crop which is severely affected by Groundnut bud necrosis virus (GBNV). Until now effective antiviral agents have not been reported for the management of necrosis disease caused by GBNV. Therefore, a study was undertaken to manage the necrosis disease caused by GBNV using culture filtrate of basidiomycetous fungi viz., Coprinopsiscinerea, Ganoderma lucidum and Lentinula edodes. In vitro studies were conducted in the indicator host cowpea and primary host tomato in glasshouse under insect proof condition; co-inoculation spraying of culture filtrate of Ganoderma lucidum at 0.1% concentration reduced the lesion numbers and inhibited the virus population build-up when compared to inoculated control in the indicator host cowpea upto 77.83%. DAC-ELISA test was performed to quantify the virus titre, indicated reduced virus titre in co- inoculation spray of culture filtrate of G. lucidum treated cowpea with OD value 0.17 ± 0.01 at 405 nm and in tomato plants 0.14 ± 0.01 respectively. The viral copy numbers were quantified by qPCR. About 2.0 × 10 viral copy numbers were observed in tomato plants treated with G. lucidum (co-inoculation) which was lesser than untreated inoculated control plants (2.4 × 10). In order to identify the antiviral properties of G. lucidum, GCMS analysis was carried out and we found the triterpenoid compound Squalene. This is the first study to analyse and confirm the antiviral activity of G. lucidum against a plant virus.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.