会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

顕微鏡的大腸炎における糞便カルプロテキンと7-αコレステノンレベル。エジンバラでの経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Exp Gastroenterol.2020;13:115-121. 246004. doi: 10.2147/CEG.S246004.Epub 2020-05-04.

顕微鏡的大腸炎における糞便カルプロテキンと7-αコレステノンレベル。エジンバラでの経験

Faecal Calprotectin and 7-α Cholestenone Levels in Microscopic Colitis: Experience from Edinburgh.

  • Matt Davie
  • Rebecca Trimble
  • Alexander R Robertson
  • Anastasios Koulaouzidis
PMID: 32440188 PMCID: PMC7210022. DOI: 10.2147/CEG.S246004.

抄録

序論:

顕微鏡的大腸炎(MC)は、慢性の水様性下痢の重要な原因である。現在のところ、診断を導くために利用可能な特定のバイオマーカーはありません。潜在的なマーカーとしての糞便カルプロテクトチン(FCP)の使用は、わずか数件の研究でしか取り上げられていません。さらに、胆汁酸不吸収(BAM)はしばしばMCを伴う。現在の実務では、セレン標識ホモコール酸タウリン(SeHCAT)試験を推奨しているが、我々のセンターでは、7α-ヒドロキシ-4-コレステン-3-1(7αC)がSeHCATのより簡単で安価な代替品として使用されており、22ng/mL以上の値はBAMを示している。本研究では、MCの診断におけるバイオマーカーとしてのFCPの使用と、MCを伴うBAMの検出における7αCの役割を評価することを目的としている。

Introduction: Microscopic colitis (MC) is an important cause of chronic, watery diarrhoea. Currently, there is no specific biomarker available to guide diagnosis. The use of faecal calprotectin (FCP) as a potential marker has been addressed in only a few studies. Further, bile acid malabsorption (BAM) often accompanies MC. Current practice recommends the selenium-labelled homocholic acid-taurine (SeHCAT) test, but at our centre, 7 alpha-hydroxy-4-cholesten-3-one (7αC) is used as a simpler and less expensive alternative to SeHCAT, with values over 22ng/mL indicating BAM. This study aims to evaluate the use of FCP as a biomarker in the diagnosis of MC and the role of 7αC in detecting concomitant BAM with MC.

方法:

2000年から2018年の間に膠原性大腸炎(CC)と診断された患者と1995年から2011年の間にリンパ球性大腸炎(LC)と診断された患者について、病理学的記録をレトロスペクティブにレビューした。病理診断から6ヶ月以内に測定された場合のFCPと7αcの結果は、分析のために抽出された。

Methods: Pathology records were retrospectively reviewed for patients diagnosed with collagenous colitis (CC) between 2000 and 2018 and lymphocytic colitis (LC) between 1995 and 2011. FCP and 7αc results, if measured within 6 months of pathological diagnosis, were extracted for analysis.

結果:

2000年から2018年の間に、646例のCC症例が組織学的に確認された。646例中147例がFCPを測定し、111例(75.5%)でFCPが上昇し、平均値238.1μg/g(SD±273.0)、140/646例で7αCを測定し、16例(11.4%)でBAMを示唆した。平均値は10.2ng/mL(SD±9.4)であった。21年間(1995年~2011年)に204例のLC診断が行われた。14/204例でFCPが測定された;8例(57.1%)が高値を示した。平均値は128.4μg/g(SD±107.7)であった。LC患者204人中20人が7αCを測定し,5人(25%)がBAMを示した。平均値は13.95ng/mL(SD±9.4)であった。

Results: Between 2000 and 2018, 646 CC cases were confirmed on histology. Of 646 patients, 147 had FCP measured; in 111 (75.5%) FCP was elevated with mean levels 238.1μg/g (SD±273.0); 140/646 had 7αC measured; 16 (11.4%) indicated BAM. Mean levels were 10.2ng/mL (SD±9.4). During a 21-year period (1995-2011), 204 LC diagnoses were made: 14/204 had FCP measured; 8 (57.1%) were elevated. Mean levels were 128.4μg/g (SD±107.7). Of 204 LC patients, 20 had 7αC measured, 5 (25%) indicating BAM. Mean levels were 13.95ng/mL (SD±9.4).

議論:

CCとLCはともに診断段階でのFCP上昇と関連しており、臨床現場での使用の可能性を示唆するものであった。さらに、MC患者におけるBAMの同定に7αCを用いた結果を報告する。我々のコホートでは、7αCのレベルが低いことから、MCとBAMの関連性が比較的低いことが示唆された。

Discussion: Both CC and LC were associated with raised FCP during the diagnostic phase, supporting the potential role of its use in clinical practice. Furthermore, we present results of using 7αC in identifying BAM amongst patients with MC. In our cohort, low levels of 7αC suggest relatively low concordance of BAM with MC.

© 2020 Davie et al.