会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

緑茶を飲むことで、マウスのリガチャー誘発性歯周炎における歯槽骨吸収が緩和される | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Oral Biosci.2020 Jun;62(2):162-168. S1349-0079(20)30049-9. doi: 10.1016/j.job.2020.04.002.Epub 2020-05-08.

緑茶を飲むことで、マウスのリガチャー誘発性歯周炎における歯槽骨吸収が緩和される

Drinking green tea alleviates alveolar bone resorption in ligature-induced periodontitis in mice.

  • Boosana Kaboosaya
  • Lia Kartika Wulansari
  • V N Trang Nguyen
  • Shohei Kasugai
PMID: 32437962 DOI: 10.1016/j.job.2020.04.002.

抄録

目的:

緑茶は抗菌、抗炎症、抗酸化作用を発揮することが報告されている。本研究の目的は、マウスのリガチャー誘発性歯周炎における骨吸収に対する緑茶の飲用効果を評価することである。

OBJECTIVES: It has been reported that green tea exerts antibacterial, anti-inflammatory, and antioxidant effects. The purpose of the present study was to evaluate the effects of drinking green tea on bone resorption in ligature-induced periodontitis in mice.

方法:

C57BL/6 8週齢の雄マウス60匹を用いた。歯周炎を誘発するために、左上第二上顎大臼歯の周囲にリガチャーを7日間装着した。リガチャー除去後、異なる濃度の緑茶(1.5g/60mL、3g/60mL、6g/60mL)または蒸留水を動物に投与した。投与1週間および2週間後に動物を犠牲にし、上顎のマイクロCT画像を撮影した。次に、頬側および口蓋側の歯槽骨減少の深さおよび面積を測定した。組織学的切片の炎症性細胞と破骨細胞の数を数えた。

METHODS: Sixty C57BL/6 eight-week-old male mice were used. To induce periodontitis, a ligature was placed for 7 days around the upper left second maxillary molar. After ligature removal, the animals were administered different concentrations of green tea (1.5 g/60 mL, 3 g/60 mL, or 6 g/60 mL) or distilled water. At 1 and 2 weeks of administration, the animals were sacrificed and micro-CT images of the maxillae were taken. Next, the depth and area of alveolar bone loss in the buccal and palatal sides were measured. The number of inflammatory cells and osteoclasts in histological sections were counted.

結果:

その結果、リガチャー誘発性歯槽骨減少が認められた。緑茶は、頬側のリガチャー誘発性骨量減少を用量依存的に抑制した。組織学的には、リガチャーは炎症細胞と破骨細胞の数を増加させたが、この影響は緑茶によって緩和された。

RESULTS: The result showed ligature-induced alveolar bone loss. Green tea inhibited ligature-induced bone loss in the buccal side in a dose-dependent manner. Histologically, ligature increased the number of inflammatory cells and osteoclasts, but this effect was alleviated by green tea.

結論:

この動物実験からの証拠は、緑茶を飲むことは、リガチャー誘発性歯周炎で歯槽骨の損失を減らすために潜在的に有益であることを示唆した。

CONCLUSIONS: Evidence from this animal experiment suggested that drinking green tea would be potentially beneficial to reduce alveolar bone loss in ligature-induced periodontitis.

Copyright © 2020 Japanese Association for Oral Biology. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.