会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

上半規管非切開の管理を標準化するための基礎 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ear Nose Throat J.2020 May;:145561320927941. doi: 10.1177/0145561320927941.Epub 2020-05-21.

上半規管非切開の管理を標準化するための基礎

A Basis for Standardizing Superior Semicircular Canal Dehiscence Management.

  • Ashley C Cozart
  • John T Kennedy
  • Michael D Seidman
PMID: 32436400 DOI: 10.1177/0145561320927941.

抄録

目的:

(1) 耳鼻咽喉科/神経外科医が上半規管剥離(SSCD)患者に対してどのようにカウンセリングを行うかを決定する。(2) SSCDに関連する多数の提示症状と適切な管理を理解する。(3) 適切な管理を提案する。

OBJECTIVES: (1) To determine how otologic/neurotologic surgeons counsel patients with superior semicircular canal dehiscence (SSCD). (2) To understand the plethora of presenting symptoms associated with SSCD and appropriate management. (3) To suggest appropriate management; oftentimes avoiding surgery.

方法:

これは、地域医と学会医を対象とした調査研究である。2018年秋に、米国神経学会(ANS)と米国耳鼻咽喉科学会(AOS)の全会員に23問のアンケートを電子メールで配布した。可能性のある 279 名のプールから合計 54 件の回答が得られ、回答率は 19.4%であった。サンプルの割合と信頼区間から母集団についての推測を行った。

METHODS: This was a survey study of both community and academic physicians. A 23-question survey was distributed to all members of the American Neurotological (ANS) and American Otologic Societies (AOS) via email in the Fall of 2018. A total of 54 responses were received from a possible pool of 279 for a response rate of 19.4%. Inferences were made about the population through sample proportions and confidence intervals.

結果:

SSCDの診断には全回答者がコンピュータ断層撮影(CT)を使用しており、11.1%がCTのみを使用している。頸部前庭誘発筋原性電位(VEMP;77.8%)は、眼部VEMP(38.9%)よりも多く使用されている。磁気共鳴画像法(7.4%)の使用頻度は低く、調査対象となった外科医の96.3%が無症状のSSCD患者を画像診断で診察したことがある。外科的治療後、回答者はバランスの問題と軽度から中等度の高周波感音性難聴(88.4%)を報告した;32.6%の患者の大多数(50%以上)は手術後にさらなる介入、典型的には積極的な前庭リハビリテーションを必要としたと報告した。

RESULTS: All respondents use computed tomography (CT) in diagnosing SSCD and 11.1% use CT exclusively. Cervical vestibular evoked myogenic potential (VEMP; 77.8%) are used more often than ocular VEMPs (38.9%). Magnetic resonance imaging (7.4%) is used infrequently; 96.3% of surgeons surveyed have seen patients with SSCD on imaging that are asymptomatic. Following surgical treatment, respondents reported balance issues and mild-to-moderate high-frequency sensorineural hearing loss (88.4%); 32.6% reported that the majority (>50%) of their patients needed further intervention after surgery, typically aggressive vestibular rehabilitation.

結論:

外科医と公表されている文献との間には、SSCDに対する体系的なアプローチに不一致がある。超高分解能CT上のSSCD患者は、無症状の患者がいる一方で無数の症状を呈しており、手術はさらなる合併症を引き起こす可能性がある。我々は、症状に応じてSSCD患者の管理を支援するための方法論的勧告を提示する。これにより、患者の選択、カウンセリング、転帰が改善される可能性がある。

CONCLUSIONS: There is a discrepancy in the systematic approach to SSCD between both the surgeons and the published literature. Patients with SSCD on ultra-high-resolution CT may have myriad symptoms while others are asymptomatic, and surgery may lead to additional complications. We will present a methodical recommendation to assist in the management of patients with SSCD depending upon their symptoms. This may improve patient selection, counseling, and outcomes.