会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

炎症:ウシの生殖における敵か味方か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Anim Reprod.2019 Oct;16(3):539-547. ar-v16n3-p539. doi: 10.21451/1984-3143-AR2019-0057.Epub 2019-10-24.

炎症:ウシの生殖における敵か味方か?

Inflammation: friend or foe of bovine reproduction?

  • Sylvie Chastant
  • Marie Saint-Dizier
PMID: 32435296 PMCID: PMC7234060. DOI: 10.21451/1984-3143-AR2019-0057.

抄録

炎症は生体の最初の防御ラインであるだけでなく、排卵、黄体形成、黄体分解、受精後の子宮クリアランス、分娩後など、多くの生殖過程で必要とされます。それにもかかわらず、炎症が過剰であったり、持続的であったりすると、炎症は陽性のメカニズムから有害なプロセスへと変化し、卵子の質や胚の発達を損なうことがあります。子宮だけでなく、生殖器以外の炎症部位も生殖能力を低下させ、2~4ヶ月のキャリーオーバー効果があります。分娩前後の移行期には代謝上の課題があるため、乳牛は炎症をコントロールすることが 難しいため、乳牛は炎症を起こしやすい状態にあることが多く、現代の乳牛の繁殖力を制限する要因 は感染症ではなく、炎症であることが示唆されています。分娩後 1 週間以内に、牛は子宮腔内への細菌の侵入に対して激しい炎症反応を 起こさなければなりませんが、5~6 週間以内にスイッチを切ることができなければなりません。子宮内膜塗抹に好中球が見られないことは、人工授精の成功率が最も高いことと関連しています。繁殖周期に沿って炎症の微調整が必要とされるため、胚移植という特殊なケースを除き、抗炎症薬で妊娠率を改善することはできません。移行期の適切な管理(特に栄養)と長期的な観点から、遺伝的選択は、炎症プロセスの強度を制御するために牛の適性を向上させることに貢献しています。

Inflammation is not only the first line of defense of the organism but is also required in many reproductive processes such as ovulation, corpus luteum development, luteolysis, uterine clearance after insemination and post partum. Nevertheless, if excessive or persistent, inflammation can switch from a positive mechanism to a deleterious process, impairing oocyte quality and embryo development. Not only uterine but also non genital inflammatory sites can depreciate reproductive performances, with a carry over effect of 2 to 4 months. Since the metabolic challenges of the peripartum transition period make difficult for the cow to control inflammation, dairy cows are frequently in a pro-inflammatory stage, suggesting that inflammation, rather than infection, is a limiting factor of fertility in modern dairy cows. Within the first week after calving, cows have to mount an intense inflammatory response to the bacterial invasion of the uterine cavity with the challenge of being able to switch it off in no more than 5-6 weeks. The absence of neutrophils on endometrial smear is associated with the highest success rate at insemination. Since a fine tuning - rather than an absence - of inflammation is required along the reproductive cycle, anti-inflammatory drugs do not allow any improvement of pregnancy rate, except in the specific case of embryo transfer. Appropriate management of the transition period (especially nutritional) and in a long term perspective, genetic selection contribute to improve the aptitude of cows to controls the intensity of inflammatory process.

Copyright © The Author(s). Published by CBRA.