国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

先天性梅毒または後天性梅毒で入院した小児患者の臨床的特徴と転帰:集団ベースのコホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sex Transm Infect.2020 May;sextrans-2019-054392. doi: 10.1136/sextrans-2019-054392.Epub 2020-05-20.

先天性梅毒または後天性梅毒で入院した小児患者の臨床的特徴と転帰:集団ベースのコホート研究

Clinical characteristics and outcomes for paediatric patients admitted with congenital or acquired syphilis: a population-based cohort study.

  • Robert Brock
  • Brett Edwards
  • Shengjie Lu
  • Angel Chu
  • Ranjani Somayaji
PMID: 32434906 DOI: 10.1136/sextrans-2019-054392.

抄録

目的:

米国では2012年以降、小児の先天性梅毒と後天性梅毒の患者数が増加しています。この2つの梅毒症の間に関連する入院の傾向や医療利用における潜在的な違いについては、まだ評価されていません。本研究では、この 2 つの梅毒症を比較し、米国における臨床的特徴、分布、影響を説明することを目的としています。

OBJECTIVES: Paediatric congenital and acquired syphilis cases have been increasing since 2012 in the USA. Potential differences in associated hospitalisation trends and healthcare utilisation between the two syphilis entities have not yet been assessed. We sought to compare these entities and describe their clinical characteristics, distribution and impact in the USA.

方法:

2016年の1年間に米国の小児患者(0~21歳)の梅毒関連入院を特定し、特徴を明らかにするために、2016 Kids' Inpatient Database(KID)を用いた集団ベースのコホート研究を実施した。先天性梅毒患者と後天性梅毒患者の入院期間と入院費用を多変量モデルで比較した。

METHODS: We conducted a population-based cohort study using the 2016 Kids' Inpatient Database (KID) to identify and characterise syphilis-associated hospitalisations among paediatric patients (age 0-21 years) in the USA during the year of 2016. Length of stay and hospitalisation costs for patients with congenital and acquired syphilis were compared in multivariable models.

結果:

梅毒と診断された入院患者は合計1226人であった。これらの患者のうち958人が先天性梅毒で、268人が後天性梅毒であった。先天性梅毒の治療費は平均23644ドル(SD=1727)、後天性梅毒患者の治療費は平均10749ドル(SD=1966)であった。先天性梅毒コホートでは、後天性梅毒コホートと比較して、平均在院日数が8日長く、平均総費用は12895ドル(米ドル)高かった。先天性梅毒では、米国南部と西部の地域で症例の頻度が高かった(p<0.001)。

RESULTS: A total of 1226 hospitalisations with the diagnosis of syphilis were identified. Of these patients, 958 had congenital syphilis and 268 were acquired cases. The mean cost of care for congenital syphilis was $23 644 (SD=1727), while the treatment of a patient with acquired syphilis on average cost $10 749 (SD=1966). Mean length of stay was 8 days greater and mean total costs were $12 895 (US dollars) higher in the congenital syphilis cohort compared with the acquired syphilis cohort. In congenital syphilis, there were greater frequency of cases in the Southern and Western regions of the USA (p<0.001).

結論:

先天性梅毒は小児患者において後天性梅毒よりも医療関連支出が多かった。先天性梅毒予防の取り組みは、患者の転帰を改善するだけでなく、医療利用の負担とコストを大幅に削減する可能性がある。

CONCLUSION: Congenital syphilis was associated with greater healthcare-related expenditure than acquired syphilis in paediatric patients. In addition to improving patient outcomes, congenital syphilis prevention efforts may significantly reduce healthcare utilisation burden and cost.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.