会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

パーキンソン病患者の運動揺らぎに対するサフィナミドの安全性と有効性のシステマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
F1000Res.2019;8:2078. doi: 10.12688/f1000research.21372.1.Epub 2019-12-10.

パーキンソン病患者の運動揺らぎに対するサフィナミドの安全性と有効性のシステマティックレビューとメタアナリシス

A systematic review and meta-analysis of safety and efficacy of safinamide for motor fluctuations in patients with Parkinson's disease.

  • Mohamed Abdelalem Aziz Ahmed
PMID: 32431802 PMCID: PMC7205357. DOI: 10.12688/f1000research.21372.1.

抄録

サフィナミドは、レボドパやドパミン作動薬などの抗パーキンソン病薬の使用により、運動合併症を発症したパーキンソン病患者に対する追加療法として、いくつかの作用機序を有する最近開発された薬剤である。本研究の目的は、パーキンソン病患者に対するサフィナミドのアドオン療法としての有効性と安全性を検討することである。 PubMed、EMBASE、ClinicalTrial.gov、Cochrane Libraryのコンピュータによる文献検索を2019年8月まで実施した。サフィナミド群とプラセボ群を比較した関連するランダム化比較試験を選択した。関連するアウトカムを Review Manager 5.3 を用いて平均差(MD)とリスク比(RR)としてプールした。 その結果、「オフタイム」と「問題となるジスキネジアを伴わないオンタイム」の変化のMD全体では、プラセボ群に比べてサフィナミド群が有利であった(MD -0.72時間、95%CI -0.89~-0.56、MD 0.71時間、95%CI 0.52~0.90)。さらに、統一パーキンソン病評価尺度パート3(UPDRS III)の変化のMD全体では、サフィナミド群が有利であった(MD -1.83、95%CI -2.43~-1.23)。有害事象については、プールメタ解析ではプラセボ群よりもサフィナミド群の方が有利であった。 本研究では、運動揺らぎに苦しむパーキンソン病患者に対する追加療法としてのサフィナミドの潜在的な役割について、クラスIのエビデンスを提供した。しかし、いくつかの研究では重要なアウトカムのデータに言及していませんでした。また、個々の研究におけるバイアスのリスクが高いことも報告している。今後、抗パーキンソン病薬の運動合併症の治療薬としてのサフィナミドの有効性と安全性について、より多くのエビデンスを得るために、用量を変えた無作為化比較試験を実施することが推奨される。

Safinamide, a recently developed drug with several mechanisms of action has been investigated as an add-on therapy for Parkinson's disease patients suffering from motor complications due to the usage of anti-Parkinson's medications such as levodopa and dopaminergic drugs. The aim of the study is to investigate the efficacy and safety of Safinamide as add-on therapy for Parkinson's disease patients.   A computerized literature search was conducted of PubMed, EMBASE, ClinicalTrial.gov and Cochrane Library until August 2019. We selected relevant randomized controlled trials comparing safinamide groups to placebo groups. Relevant outcomes were pooled as mean difference (MD) and risk ratio (RR) using Review Manager 5.3. We found that the overall MD of changes in "off-time" and "on time without troublesome dyskinesia" favored the safinamide group over the placebo group (MD -0.72 h, 95% CI -0.89 to -0.56 and MD 0.71 h, 95% CI 0.52 to 0.90, respectively). Additionally, the overall MD of change in Unified Parkinson's Disease Rating Scale part three (UPDRS III) favored the safinamide group (MD -1.83, 95% CI -2.43 to -1.23). In case of adverse events, the pooled meta-analysis did not favor the safinamide group over the placebo group. In this study, we provide class I evidence about the potential role of safinamide as an add-on therapy for Parkinson's disease patients suffering from motor fluctuations. However, a few included studies did not mention the data of important outcomes. Also, we report high risk of bias in individual studies. Future randomized controlled trials with different doses are recommended to provide more evidence for the efficacy and safety of safinamide as a treatment for motor complications of anti-Parkinson's medications.

Copyright: © 2019 Abdelalem Aziz Ahmed M.